リアップ(ミノキシジル)で不妊になる副作用がある?

リアップ(ミノキシジル)で不妊になる副作用がある?

 

大正製薬のリアップは、市販の育毛剤としては唯一、医療機関で使用されているミノキシジルが配合されています。

 

このミノキシジルに、不妊になってしまう副作用があるという噂があるのです。

 

果たしてこの噂は本当なのか、もし事実ならば原因は何なのか?
間違いならば、なぜこのような噂が流れてしまったのか?

 

日本皮膚学会は「問題なし」

まず噂を検証するために、日本皮膚科学会の「男性型脱毛診療ガイドライン」を確認していきましょう。

 

ガイドラインによると、ミノキシジル2%溶液と5%溶液を男性に2年間投与した結果、どちらも全身の副作用は生じなかったとしています。

 

頭皮のかぶれや湿疹といった部分的な副作用には言及されていませんが、いずれにしても不妊のような副作用が起きる可能性は極めて低いということになります。

 

リアップ(ミノキシジル)で不妊になる副作用がある?【出典元:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

 

また、女性に対してミノキシジル1%溶液を24週間にわたって投与したところ、こちらも重篤な副作用は見られなかったと報告されているのです。

 

リアップのミノキシジル配合量は男性用が5%、女性用が1%です。ガイドラインを元にする限り、不妊のような重篤な副作用の原因になるようには見えません。

 

つまり「ミノキシジルに不妊の副作用がある」という噂は、必ずしも正しくないということになります。

 

なぜこのような噂が流布されたのか

 

では、なぜこのような必ずしも正しくない情報が流布されてしまったのでしょうか。考えられる可能性としては2つあります。

 

ひとつは同じAGAの治療薬であるプロペシアの副作用との混同。
もうひとつは内服薬であるミノキシジルタブレットの副作用の拡大解釈です。

 

プロペシアの副作用との混同

プロペシアはAGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えるもので、男性ホルモンそのものを減らすものではないとされています。

 

しかし、実際にはプロペシアの主成分であるフィナステリドの投与で男性ホルモンが減るという臨床データがあるのです。

 

米国立生物工学情報センターによると、プロペシアの主成分であるフィナステリドを投与したところ、血中の男性ホルモンの量が減少してしまったといいます。これが精子減少による不妊につながっているというわけです。

 

精子減少や精子異常は、プロペシアの添付文書にも書かれている副作用です。
【出典元:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

 

リアップで不妊というのは、この副作用と混同されてしまった可能性があるのです。

 

ミノキシジルタブレットの副作用との混同

ミノキシジルは高血圧患者の血圧を下げるために開発された血管拡張剤で、本来は内服薬です。

 

 

AGAの治療薬としては認可されていませんが、個人で購入(個人輸入)しているケースも見受けられます。

 

内服薬であるミノキシジルタブレットは、体全体に作用するので、血圧を下げてしまう副作用があります。これが不妊の引き金になるのです。

 

男性の場合は睾丸に十分な血液が流れなくなって精子の数が減少し、女性の場合は受精や着床の可能性が落ちて不妊になってしまうのです。

 

ただ、このような全身的な副作用は、あくまでもミノキシジルタブレットに起きる可能性があるものです。リアップの場合は服用するような無茶をしない限り、起きることは考えにくいのです。

 

ミノキシジルタブレットの副作用が外用薬にも適用されると解釈されてしまったために起きた誤解だと考えられます。

 

それでもリアップの使用には注意が必要

ただ、いくら「不妊の副作用がある」という情報が誤っているとしても、リアップそのものに頭皮のかゆみやかぶれといった副作用があるのは説明書にも記載されていることです。

 

 

もしリアップの副作用が怖いと考えているのでしたら、ミノキシジルが配合されていない育毛剤を選ぶようにすればいいでしょう。

 

ミノキシジルを上回る効果があると宣伝されているものもあります。

 

全額返金保証制度のある商品もありますので、一度、試してみてもいいかもしれませんね。

 

ミノキシジルの代わりになる育毛成分

 

M-034

「ミノキシジルと同じ育毛パワー」で有名な育毛成分は「M-034」です。チャップアップを筆頭に、ブブカ、イクオスにも配合されています。

 

チャップアップが一番人気で、私も使っています。
⇒ チャップアップの記事を読む(クリック)チェック!

 

価格もリアップと同じくらいなので、M-034配合の育毛剤は人気のあるグレードです。

 

キャピキシル

キャピキシルはM034よりも効果が期待でき、「ミノキシジルの3倍の育毛パワー」と言われています。フィンジアを筆頭に、Deeper3D、ボストンスカルプエッセンス、スカルプ5.0cなどに配合されています。

 

M-034と比べると、少し高くなります。ほとんど1万円を超える価格ですが、フィンジアだけ1万円を切るお値段。

 

M-034配合育毛剤と比べると、容量も半分、価格も高い、ということもあり、薄毛が進行した人向けかな~と思います。

 

私は夜だけ使っています。(チャップアップは朝)
>⇒ フィンジアの記事を読む(クリック)チェック!

 

 

ミノキシジルやプロペシアは薬です。薬の効果は絶大ですが、必ずなにかしらの副作用がセットです。

 

その副作用と上手に付き合えるなら使用するのはアリですが、気になるのならチャップアップなどの医薬部外品から始めるのが一番いいとは思います。



■【使用中】管理人おすすめ育毛アイテム
数ある育毛剤でどれがベストなのか、ざっくり知りたい人は下記のランキングをご覧ください。2019年最新版です!
【2019年最新版】絶対に損しないおすすめ育毛剤ランキングBEST3!チェック!

次に、私が現在メインで使用している育毛剤を紹介します。発毛促進はフィンジアで集中させ、脱毛予防はイクオス、身体の内側からはイクオスサプリEXという布陣。この最強コンビで薄毛ガンガン回復中( ゚∀゚ )

過去にはチャップアップとボストンを使用していましたが、2016年9月にリニューアルしたイクオス&イクオスサプリEXが成分&価格ともに最強となりました。

新イクオスの超ハイスペックな内容を知っとかないと損ですよ( ゚∀゚ )チェック!


フィンジアのキャピ&ピディ、イクオスのアルガス-2は最新の育毛成分!イクオスサプリEXは配合量が明記されているので、騙しナシのガチおすすめです!

とにかく、イクオスの抜け毛を予防する成分がスゴいよね!DHT抑制だけじゃなく、DHTができちゃってからの対策も万全!超イイ( ゚д゚) 初めはイクオス&サプリがオススメ!


 
送料無料!45日間の全額返金保証付きは公式サイトだけです。リアップ(ミノキシジル)で不妊になる副作用がある?リアップ(ミノキシジル)で不妊になる副作用がある?リアップ(ミノキシジル)で不妊になる副作用がある?
 
育毛剤イクオスがもし満足いかなかったらフィンジアで決め。リアップ(ミノキシジル)で不妊になる副作用がある?リアップ(ミノキシジル)で不妊になる副作用がある?リアップ(ミノキシジル)で不妊になる副作用がある?
 

【関連記事】

大正製薬のリアップは、市販の育毛剤としては唯一、医療機関で使用されているミノキシジルが配合されています。このミノキシジルに、不妊になってしまう副作用があるという噂があるのです。果たしてこの噂は本当なのか、もし事実ならば原因は何なのか?間違いならば、なぜこのような噂が流れてしまったのか?日本皮膚学会は...

リアップシリーズは医療機関で処方されている発毛剤「ミノキシジル」を配合していることで有名ですが、リアップの使用者に死者が出ていることはご存知でしょうか。販売元である大正製薬はどのように対応しているのか、なぜこのようなことが起きてしまったのか、説明していきましょう。大正製薬は死者の存在を正式に認めてい...

大正製薬の「リアップ」には医療機関で処方されている発毛剤「ミノキシジル」が配合されており、薬局では医薬品として取り扱われています。ミノキシジルにはいろいろな副作用が確認されていますが、その中のひとつに「動悸」があります。リアップによって動悸が起きる理由、動悸が起きる可能性などについて説明していきまし...

大正製薬のリアップは、医療機関でAGA(男性型脱毛症)の治療に使用されているミノキシジルが配合されていることで知られています。ミノキシジルには頭皮のかぶれや湿疹などの副作用があることで知られていますが、肝臓と腎臓にも負担をかけるという噂があります。果たしてこの噂は本当なのか、もし事実ならばどのような...

大正製薬のリアップは、医療機関で処方されている育毛成分「ミノキシジル」が含まれている育毛剤で、医薬品に指定されています。そのリアップの説明書の中に、気になる一文があります。「高血圧・低血圧の人は、使用前に医師または薬剤師に相談してください」というものです。なぜこのような文章が添えられているのか、気に...

大正製薬のリアップは、医療機関で使用されている「ミノキシジル」が配合されている発毛剤です。そのミノキシジルが子作りに影響を与えてしまう可能性が、動物実験の結果から指摘されているという噂があるのでます。実際にどのような動物実験が行われ、どのような結果が示されているのか。そこから考えられるミノキシジルの...

医療機関で処方されているAGA(男性型脱毛症)の治療薬といえば、ミノキシジルとプロペシアが有名です。このうちミノキシジルが配合されているのが大正製薬のリアップです。ミノキシジルの副作用として有名なのが頭皮のかゆみやかぶれで、俗に「ミノキ焼け」といわれるものです。なぜこのような副作用が出てしまうのか、...

髪の悩みはオジサンやオバサン世代だけの問題ではありません、最近では仕事や家庭のストレスなどのために、若い人や女性の間でも抜け毛や薄毛で悩んでいる人が増えているそうです。このミノキシジルタブレット(略して、ミノタブ)は「地上最強の育毛剤」と言うネーミングで販売されているほど、短期間ですぐれた発毛や育毛...