【無気力】プロペシアで鬱を発症する可能性があるらしい

【無気力】プロペシアで鬱を発症する可能性があるらしい

 

プロペシアといえばAGA(男性型脱毛症)の治療では最優先で投与される薬剤で、AGAの進行を食い止める効果があります。

 

しかし、ED(勃起障害)や精子減少などさまざまな副作用があることでも知られています。

 

そのプロペシアに、鬱病を発症するリスクがあることはご存知でしょうか。

 

なぜプロペシアによって鬱病を発症する可能性があるのかについて、説明していきましょう。

 

男性ホルモンを減らすプロペシア

プロペシアの効果はAGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぐことで、脱毛を減らすことです。

 

男性ホルモンの量そのものに影響を与えるようには見えませんが、実際にはそうでもないことが最近の研究で分かっているのです。

 

米国立生物工学情報センターのデータベースには、前立腺肥大症の患者にプロペシアの主成分であるフィナステリドを投与したところ、血中の男性ホルモンの量が減少してしまったという臨床データが収録されています。

 

つまり、プロペシアは男性ホルモンの量にも影響を与えてしまうのです。

 

なぜこのようなことが起きるのかについては完全には分かっていませんが、DHTの生成抑制によって血中の男性ホルモンが増えます。

 

それにより、睾丸の働きが抑制され(弱め)、男性ホルモンの分泌量減少につながってしまうのではないかという説があります。
【参考元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26053014

 

男性ホルモン減少で活力が失われる

実は、この男性ホルモンの減少が鬱病発症につながっているのです。

 

なぜなら、男性ホルモンには精神面に張りを与える効果があり、これが失われることが鬱病のトリガーになってしまうためです。

 

女性と同様に男性にも更年期障害があります。これは加齢による睾丸の機能低下が原因で、心身にいろいろな不具合が起きるというものです。

 

男性の更年期障害の症状として多いものの中に、集中力の低下や無気力があります。

 

 

これは睾丸の機能低下に寄る男性ホルモンの減少で精神面の張りが失われてしまったことが原因で、この状態を放置すると鬱病になってしまう可能性があるのです。

 

これと似たようなことが、プロペシアによってもたらされていると考えていいでしょう。

 

プロペシアの最大の問題点は、服用をやめたあともPFS(ポストフィナステリド症候群)という後遺症が起きる可能性があるということです。

 

基本的な症状はプロペシアの副作用に酷似していますが、こちらは治療法が確立されておらず、男性ホルモンの投与という対症療法しかないという問題があります。

 

プロペシアの「代わり」はあるの?

プロペシアによって鬱病のリスクを抱えないための方法として、最も効果的なのはそもそもプロペシアを服用しないということです。

 

ただ、プロペシアは3年間服用した人のうち、AGAが進行した人が2%しかいないというほど効果的な薬剤です。

 


【出典元:https://www.hama1-cl.jp/propecia/clinical_efficacy03.html

 

「代わり」はあるのでしょうか。

 

プロペシアによく似た働きをするものとして考えられるのは、ノコギリヤシエキスです。

 

育毛剤メーカーから販売されているサプリメントの主成分のひとつで、DHTの生成を抑える効果があるのです。

 

メリットは、副作用がないことです。

 

米国立衛生研究所のサイトには、1日当たり960ミリグラムのノコギリヤシエキスを投与しても、副作用が確認されなかったという臨床試験のデータがあります。育毛サプリに配合されているのは最高でも300ミリグラムですから、副作用の心配はないでしょう。

 

デメリットは、プロペシアに比べて効果が落ちることです。

 

米国立生物工学情報センターによると、フィナステリド1ミリグラム(プロペシア相当)を1年間投与した場合のAGA改善率が68%なのに対し、ノコギリヤシエキス300ミリグラムの場合は38%にとどまっています。
【参考元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23298508

 

プロペシアの副作用は予想以上に深刻です。

 

AGAの症状が進んでいなければノコギリヤシエキスで育毛を考えてもいいでしょう。

 

プロペシアが必要なくらい進行している場合は、治療経験の豊富なAGAクリニックを受診して副作用のリスクを減らしていきましょう。

 

私の体験からオススメする育毛サプリは?

以前、私はプロペシアやフィンペシアで薄毛治療を行っていました。AGAクリニックに通わず、個人輸入で入手していたのです。(今考えるとリスキーですが)

 

個人輸入やプロペシアの危険さに気づき、それからは育毛サプリ「ボストン」で育毛生活を送っています。

 

⇒ 育毛サプリ「ボストン」の体験記事はこちらチェック!

 

AGAクリニックにも無料カウンセリングを受けたことがあります。評判がよかったヘアメディカルというクリニックです。

 

⇒ ヘアメディカルの体験記事はこちらチェック!

 

「プロペシアなどの薬はちょっと恐い…」という人は、上記の記事を参考にしてみてください(^^)



■【使用中】管理人おすすめ育毛アイテム
私が現在メインで使用している育毛剤です。発毛促進はフィンジアで集中させ、頭皮環境の正常化はイクオス、身体の内側からはイクオスサプリEXという布陣。この最強コンビで薄毛ガンガン回復中( ゚∀゚ )

過去にはチャップアップとボストンを使用していましたが、2016年9月にリニューアルしたイクオス&イクオスサプリEXが成分&価格ともに最強となりました。

フィンジアのキャピ&ピディ、イクオスのアルガス-2は最新の育毛成分!イクオスサプリEXは配合量が明記されているので、騙しナシのガチおすすめです!

とにかく、イクオスの抜け毛を予防する成分がスゴいよね!DHT抑制だけじゃなく、DHTができちゃってからの対策も万全!超イイ( ゚д゚) 初めはイクオス&サプリがオススメ!


 
2016年9月にリニューアルしたイクオスがスゴいから買ったよ【無気力】プロペシアで鬱を発症する可能性があるらしい【無気力】プロペシアで鬱を発症する可能性があるらしい【無気力】プロペシアで鬱を発症する可能性があるらしい 無添加育毛剤イクオス
 
育毛剤イクオスがもし満足いかなかったらフィンジアで決め。【無気力】プロペシアで鬱を発症する可能性があるらしい【無気力】プロペシアで鬱を発症する可能性があるらしい【無気力】プロペシアで鬱を発症する可能性があるらしい
 

【関連記事】

プロペシアの副作用について、Yahoo!ニュースで取り上げられていたんですね。読んでみるとちょっと恐ろしい…男性機能の低下については前から知っていました。性欲がなくなったり、勃起率が低くなったり…。でも知らなかったことが書かれています。精子の数の減少や精子のDNAにダメージを与え、無精子症のレベルま...

AGA(男性型脱毛症)の治療薬であるプロペシアに抑鬱状態やED(勃起障害)、精子減少などの副作用があることは広く知られていますし、プロペシアの注意書きにもそうした副作用のリスクについては明記されています。【出典元:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/000...

AGA(男性型脱毛症)の治療薬のひとつに、プロペシアがあります。主成分はフィナステリドで、AGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果があります。「プロペシア 通販」で検索をかけると実際に取り扱っているサイトや、購入の方法について説明しているサイトが多数...

AGA(男性型脱毛症)の治療薬であるプロペシアにED(勃起障害)や精子減少といった副作用があることは広く知られていますが、問題はそこだけではありません。プロペシアにはPFS(ポストフィナステリド症候群)という後遺症が起きてしまうケースがあるのです。PFSとはどのようなものなのか、どのような点が問題な...

処方された人のうち、AGA(男性型脱毛症)の症状が悪化した人が2%しかいないというプロペシアですが、ED(勃起障害)をはじめとする副作用があるのも確かです。副作用などによって服用を中止しなければならないケースもあるでしょうが、そのときにはAGAの症状はどうなってしまうのでしょうか。そもそもプロペシア...

プロペシアやフィンペシアで胸(おっぱい)が大きくなって、痛みが出てくる場合も!?そもそもどういうこと?どんな人が女性化しやすいのか?症状はどんなものか?プロペシアで胸が大きくなったという人の口コミを集めました。プロペシアの添付文書に記載ありまず「プロペシア おっぱい」で検索をかけてみます。女性化乳房...

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬としては優れた効果を持っていますが、さまざまな副作用があることも分かっています。そのうちのひとつに「性欲減退」があるのです。若ハゲの男性にとっては、AGAよりも深刻な悩みとなってしまいかねません。なぜそのようなことが起きるのかについて、簡単に説明していきまし...

医療機関でAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使用されているプロペシアにはいろいろな副作用がありますが、その中にED(勃起障害)があるのをご存知でしょうか。若年層の男性にとっては、AGAよりも深刻な悩みになってしまいかねません。なぜプロペシアによってEDが引き起こされるのでしょうか。また、副作用対策...

医療機関でAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使用されているプロペシアにはいろいろな副作用があることが分かっていますが、ガンになってしまうという情報もあるのです。事実だとすれば、あまりにもリスクが大きすぎるとしか言いようがありません。もしこの情報が正しいとなると、プロペシアの服用を中止したくなります...

プロペシアといえばAGA(男性型脱毛症)の治療では最優先で投与される薬剤で、AGAの進行を食い止める効果があります。しかし、ED(勃起障害)や精子減少などさまざまな副作用があることでも知られています。そのプロペシアに、鬱病を発症するリスクがあることはご存知でしょうか。なぜプロペシアによって鬱病を発症...