【服用やめたのに】プロペシアの副作用は後遺症が残る?

【服用やめたのに】プロペシアの副作用は後遺症が残る?

 

AGA(男性型脱毛症)の治療薬であるプロペシアにED(勃起障害)や精子減少といった副作用があることは広く知られていますが、問題はそこだけではありません。

 

プロペシアにはPFS(ポストフィナステリド症候群)という後遺症が起きてしまうケースがあるのです。PFSとはどのようなものなのか、どのような点が問題なのかについて、説明していきましょう。

 

薄毛改善効果は高いプロペシア

プロペシアの主成分はフィナステリドといい、男性ホルモンからAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されるのを防ぐ効果があります。実はAGA治療薬としてのプロペシアは、優秀な部類に入ります。

 

「臨床皮膚科」(医学書院)に掲載された臨床試験のデータによると、プロペシアを3年間投与した人で、AGAの症状が悪化したという人はわずか2%にすぎないのです。

 


【出典元:https://www.hama1-cl.jp/propecia/clinical_efficacy03.html

 

78%は症状が改善した、20%が現状維持だったとしており、少なくともAGA治療において最優先で処方されるレベルの効果は確認できているのです。

 

フィナステリドの問題は、男性ホルモンの分泌にも悪影響を与えることで、これによって副作用が出るケースがあるのです。主な症状としては抑鬱状態やEDなどがあります。

 

また、フィナステリドを投与した人のうち男性不妊症レベルまで精子の数が減少してしまったというケースも確認されています。

 

プロペシアの副作用が起きる確率は、添付書類によると4%です。つまり、25人に1人は副作用が起きる可能性があること理解しておく必要があるということになります

 

PFSはいつ確認されたの?

 

これまではプロペシアの副作用については、投与を中止することで収まるとされていましたが、近年になって必ずしもそうではないことが分かってきています。

 

プロペシアの投与を中止したあとでも、副作用が残ってしまったり、中止後数週間から数カ月して後遺症が出てしまったりするという報告があるのです。

 

PFSに最初に対応したのはイギリスで、2010年に製薬会社に対して「後遺症の恐れがある」と明記するように通知しています。

 

アメリカでも2012年にプロペシアに後遺症があることを明記するように求めており、プロペシアの添付書類でも後遺症の存在について触れています。

 

こうした後遺症の報告を受けて、アメリカでは2012年3月に「PFS財団」が設立され、PFSについての情報提供を行っています。こうした財団が設立されるくらいに、PFSは社会問題となっているのです。

 

PFSの症状はどのようなものなの?

PFSの症状は多岐にわたりますが、主なものとしては以下のようなものが挙げられます。

 

  • ED
  • 精子減少
  • 陰茎障害
  • 女性化乳房
  • 筋障害
  • 認知障害
  • 鬱病
  • 感情障害

 

これらの症状がすべて出るというわけではありませんが、性欲もない、活力もない、それを悲しいと思う感情もないというのは、かなりひどいといっていいでしょう。

 

重症になると「ペイロニー病」を引き起こす可能性があるとされています。これは、海綿体の一部が硬化してしまい、陰茎が湾曲してしまうものです。ペイロニー病と診断されると、手術をする必要が生じてしまうこともあるのですから大変です。

 

そして、こうした症状は時間がたてば収まるとは限りません。ほぼ永続的にこうした症状に悩まされるケースもあるのです。このような後遺症と一生向き合わなければならないなんて、恐ろしいとしか言いようがありません。

 

これはPFSを発症していない人にとっても「対岸の火事」ではありません。自分がPFSになってしまうことを、長期にわたって心配し続けなければならないためです。このストレスもかなり大きなものになるのではないでしょうか。

 

PFSの問題点は「治りにくいこと」

なぜ後遺症に永続的に向き合わなくてはならなくなる可能性があるのかというと、それは「治療法が確立されていない」からです。確実な治療法がなければ、治しようがないというわけです。

 

 

プロペシアの副作用は、薬剤が男性ホルモンそのものの減少を引き起こしてしまうことから起きるものであるため、PFSに対しても男性ホルモン投与が行われるケースがあります。

 

ただ、これでPFSが治るのかというと、100%とは言い切れないというのが実情です。治療法として男性ホルモンを投与すること自体に賛否両論があるくらいです。

 

PFSの治療は、沈んだ気分を高揚させるなど、対症療法にとどまってるのが現状です。対症療法は治療を続けているうちはいいのですが、治療をやめてしまうと症状がぶり返してしまうことが問題です。

 

しかも、PFSの改善が見られず、一生にわたって治療を続けなくてはならない可能性もあるのです。

 

PFSについては「なったら簡単には治らない、治療法も確立されていない」というのが正直なところです。それだけに、いかにしてPFSを予防するかが重要になってきます。

 

予防法は「プロペシアを使わないこと」だけ

PFSはプロペシアの副作用が出た人のうち数%にしか起きないとされていますが、小さいといってもリスクがあることに変わりはありません。あなたがそのうちの1人になってしまう可能性もあるのです。

 

PFSにならないための確実な方法は「プロペシアを使わないこと」です。

 

 

最初からプロペシアを服用しなければ後遺症にもなりようがないということです。ただ、AGAの進行を止める効果が高いことを考えると、この選択肢を取りたくないと考える人もいるかもしれません。

 

プロペシアで治療するなら血液検査を

そのような人にとって、PFSのリスクを少しでも減らすようにする方法は「AGAクリニックなど専門の医療機関で処方してもらう」ことです。

 

一般的な病院と比較するとプロペシアの扱いに慣れているため、頻繁に血液検査を行うなどして、PFSのリスクを減らしてくれるためです。

 

間違ってもやってはいけないのは、プロペシアを個人購入することです。PFSは医療関係者であっても簡単に治すことはできないのですから、自己責任でPFSを発症した場合、対処のしようがなくなってしまうためです。

 

確かにプロペシアを最も安く入手する方法は個人購入ですが、治療法が確立されていないPFSのリスクに見合うようなものではありません。

 

繰り返しますが、プロペシアの個人購入はオススメしません。コストはかかりますが、まだAGAクリニックで処方してもらった方が安全なのです。

 

AGAクリニックは無料カウンセリングOK

 

AGAクリニックに行くとなると、すこし敷居が高くなると感じるでしょう。しかし、大体のクリニックでは無料カウセリングを受け付けています。一度、体験しましたが、完全に無料でした。

 

「無料カウセリングをどこで受けようかな?」と調べた結果では、銀クリヘアメディカルが一番安心できそうでした。

 

プロペシアの作用は、まだまだ未知のことが多いです。薬治療を行うのであれば、医師のもとで行うようにしましょう。

 



■【使用中】管理人おすすめ育毛アイテム
私が現在メインで使用している育毛剤です。発毛促進はフィンジアで集中させ、脱毛予防はイクオス、身体の内側からはイクオスサプリEXという布陣。この最強コンビで薄毛ガンガン回復中( ゚∀゚ )

過去にはチャップアップとボストンを使用していましたが、2016年9月にリニューアルしたイクオス&イクオスサプリEXが成分&価格ともに最強となりました。

新イクオスの超ハイスペックな内容を知っとかないと損ですよ(?Д?)チェック!


フィンジアのキャピ&ピディ、イクオスのアルガス-2は最新の育毛成分!イクオスサプリEXは配合量が明記されているので、騙しナシのガチおすすめです!

とにかく、イクオスの抜け毛を予防する成分がスゴいよね!DHT抑制だけじゃなく、DHTができちゃってからの対策も万全!超イイ( ゚д゚) 初めはイクオス&サプリがオススメ!


 
2016年9月にリニューアルしたイクオスがスゴいから買ったよ【服用やめたのに】プロペシアの副作用は後遺症が残る?【服用やめたのに】プロペシアの副作用は後遺症が残る?【服用やめたのに】プロペシアの副作用は後遺症が残る?
 
育毛剤イクオスがもし満足いかなかったらフィンジアで決め。【服用やめたのに】プロペシアの副作用は後遺症が残る?【服用やめたのに】プロペシアの副作用は後遺症が残る?【服用やめたのに】プロペシアの副作用は後遺症が残る?
 

【関連記事】

プロペシアの副作用について、Yahoo!ニュースで取り上げられていたんですね。読んでみるとちょっと恐ろしい…男性機能の低下については前から知っていました。性欲がなくなったり、勃起率が低くなったり…。でも知らなかったことが書かれています。精子の数の減少や精子のDNAにダメージを与え、無精子症のレベルま...

AGA(男性型脱毛症)の治療薬であるプロペシアに抑鬱状態やED(勃起障害)、精子減少などの副作用があることは広く知られていますし、プロペシアの注意書きにもそうした副作用のリスクについては明記されています。【出典元:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/000...

AGA(男性型脱毛症)の治療薬のひとつに、プロペシアがあります。主成分はフィナステリドで、AGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果があります。「プロペシア 通販」で検索をかけると実際に取り扱っているサイトや、購入の方法について説明しているサイトが多数...

AGA(男性型脱毛症)の治療薬であるプロペシアにED(勃起障害)や精子減少といった副作用があることは広く知られていますが、問題はそこだけではありません。プロペシアにはPFS(ポストフィナステリド症候群)という後遺症が起きてしまうケースがあるのです。PFSとはどのようなものなのか、どのような点が問題な...

処方された人のうち、AGA(男性型脱毛症)の症状が悪化した人が2%しかいないというプロペシアですが、ED(勃起障害)をはじめとする副作用があるのも確かです。副作用などによって服用を中止しなければならないケースもあるでしょうが、そのときにはAGAの症状はどうなってしまうのでしょうか。そもそもプロペシア...

プロペシアやフィンペシアで胸(おっぱい)が大きくなって、痛みが出てくる場合も!?そもそもどういうこと?どんな人が女性化しやすいのか?症状はどんなものか?プロペシアで胸が大きくなったという人の口コミを集めました。プロペシアの添付文書に記載ありまず「プロペシア おっぱい」で検索をかけてみます。女性化乳房...

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬としては優れた効果を持っていますが、さまざまな副作用があることも分かっています。そのうちのひとつに「性欲減退」があるのです。若ハゲの男性にとっては、AGAよりも深刻な悩みとなってしまいかねません。なぜそのようなことが起きるのかについて、簡単に説明していきまし...

医療機関でAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使用されているプロペシアにはいろいろな副作用がありますが、その中にED(勃起障害)があるのをご存知でしょうか。若年層の男性にとっては、AGAよりも深刻な悩みになってしまいかねません。なぜプロペシアによってEDが引き起こされるのでしょうか。また、副作用対策...

医療機関でAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使用されているプロペシアにはいろいろな副作用があることが分かっていますが、ガンになってしまうという情報もあるのです。事実だとすれば、あまりにもリスクが大きすぎるとしか言いようがありません。もしこの情報が正しいとなると、プロペシアの服用を中止したくなります...

プロペシアといえばAGA(男性型脱毛症)の治療では最優先で投与される薬剤で、AGAの進行を食い止める効果があります。しかし、ED(勃起障害)や精子減少などさまざまな副作用があることでも知られています。そのプロペシアに、鬱病を発症するリスクがあることはご存知でしょうか。なぜプロペシアによって鬱病を発症...