プロペシアの副作用が起きる確率はどのぐらいなの?

プロペシアの副作用が起きる確率はどのぐらいなの?

AGA(男性型脱毛症)の治療薬であるプロペシアに抑鬱状態やED(勃起障害)、精子減少などの副作用があることは広く知られていますし、プロペシアの注意書きにもそうした副作用のリスクについては明記されています。

 

プロペシアの副作用が起きる確率はどのぐらいなの?【出典元:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

 

ただ、そうした副作用がどのぐらいの確率で起きるのかについては、知らない人も多いのではないでしょうか。プロペシアの副作用が起きる確率について、簡単に説明していきましょう。

 

そもそもプロペシアとはどういう薬なのか?

副作用の確率について説明する前に、そもそもプロペシアとはどのような薬なのか知っておきましょう。AGAは男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)によって引き起こされるものです。

 

プロペシアの副作用が起きる確率はどのぐらいなの?

 

DHTは頭部においてはTGF(トランスフォーミング増殖因子)の一種であるTGF-βの生成を促し、毛母細胞の分裂を抑制します。これによって十分に成長していない頭髪が抜けるようになり、薄毛になってしまうというものです。

 

プロペシアの主成分はフィナステリドといい、5α-リダクターゼという酵素の働きを抑えることでDHTの生成量を減らす効果があります。DHTが生成されなくなればTGF-βが減少し、毛母細胞の分裂が活発になってくれるというわけです。

 

もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されたものですが、DHTの生成抑制でAGAの進行を抑えられることが分かったため、治療薬として使用されるようになったという経緯があります。

 

それぞれの副作用の確率は?

 

問題はフィナステリドには副作用があることです。精神面を安定させる効果のあるアロプレグナノロンという物質の分泌量を減らすことで、抑鬱状態になってしまうことがあります。

 

また、DHTだけではなく、男性ホルモンそのものの量を減らし、ED(勃起障害)や精子減少を招くことも知られています。

 

では、こうした副作用はどのぐらいの確率で起きるものなのでしょうか。米国で行われた臨床試験の結果によると、以下のような結果が出ています。

 

副作用

確率

性欲減退

1.8%

勃起機能の低下

1.3%

1.0%

精子減少

1.1%

 

国内で行われた臨床試験では、何らかの副作用が出た人が4.0%です。このうち性欲減退が1.1%、勃起機能の低下が0.7%ですから、米国での結果と大きな差はありません。

 

数字にすると大したことがないように思われますが、実際にはそうでもないのです。プロペシアの国内での使用者は、公式には50万人です。

 

一般の使用者を含めると…すごい数に?

これはあくまでもAGAクリニックをはじめとする医療機関で処方されている人の数で、通販などで個人的に購入している人を含めると、さらに人数が増えることは想像に難くありません。

 

公式の使用者数と国内での臨床試験のデータを基にしても、何らかの副作用が出たという人は2万人になってしまうのです。性欲減退ならば5500人、勃起機能の低下は3500人ですから、かなりの数になるのではないでしょうか。

 

しかも、こうした副作用のリスクがあることは、プロペシアの添付書類にもちゃんと明記されていることなのです。(ページトップの画像を参照)

 

プロペシアを使用して副作用が出た人は4%というと大したことがないと思えるかもしれませんが、2万人もの人に副作用が出たとなると小さくない問題だということが分かるでしょう。

 

プロペシアはAGAクリニックでの処方が安心!

繰り返しますがプロペシアの副作用の確率は低いだけであり、副作用が起きないというわけではありません。

 

もし副作用が起きてしまった場合には、プロペシアを個人で購入していた場合には「お手上げ」になってしまいます。これを防ぐためには医療機関、特にAGAクリニックに処方してもらうのがオススメです。

 

 

プロペシアの効果的な使用法や副作用対策についてのノウハウが豊富ですので、万が一副作用が出た場合でも適切に対処してくれるためです。

 

副作用のリスクを少しでも減らすために、プロペシアはAGAクリニックで処方してもらうようにしましょう。

 

評判のいいAGAクリニックはこの2院!

私が調べた結果では、評判のいいクリニックは「銀クリ」と「ヘアメディカル」です。

 

銀クリは東京しかありませんが、ヘアメディカルは主要都市に全国展開しています。私の友人はヘアメディカル名古屋院に通院しています。

 

また、私が実際に無料カウンセリングを受けたのもヘアメディカルです。そのときのヘアメディカル体験談を書いていますので、是非ご覧ください。

 

薬治療を行うのであれば、はじめは必ず専門医の指示のもと、治療をしてください。薬治療は効きます。その反面、違う効果(副作用)も必ずあります。

 

自己判断で治療を進めるのは危険なので、よく検討してからスタートすることをおすすめします。



■【使用中】管理人おすすめ育毛アイテム
数ある育毛剤でどれがベストなのか、ざっくり知りたい人は下記のランキングをご覧ください。2017年最新版です!
【2017年最新版】絶対に損しないおすすめ育毛剤ランキングBEST3!チェック!

次に、私が現在メインで使用している育毛剤を紹介します。発毛促進はフィンジアで集中させ、脱毛予防はイクオス、身体の内側からはイクオスサプリEXという布陣。この最強コンビで薄毛ガンガン回復中( ゚∀゚ )

過去にはチャップアップとボストンを使用していましたが、2016年9月にリニューアルしたイクオス&イクオスサプリEXが成分&価格ともに最強となりました。

新イクオスの超ハイスペックな内容を知っとかないと損ですよ( ゚∀゚ )チェック!


フィンジアのキャピ&ピディ、イクオスのアルガス-2は最新の育毛成分!イクオスサプリEXは配合量が明記されているので、騙しナシのガチおすすめです!

とにかく、イクオスの抜け毛を予防する成分がスゴいよね!DHT抑制だけじゃなく、DHTができちゃってからの対策も万全!超イイ( ゚д゚) 初めはイクオス&サプリがオススメ!


 
2016年9月にリニューアルしたイクオスがスゴいから買ったよプロペシアの副作用が起きる確率はどのぐらいなの?プロペシアの副作用が起きる確率はどのぐらいなの?プロペシアの副作用が起きる確率はどのぐらいなの?
 
育毛剤イクオスがもし満足いかなかったらフィンジアで決め。プロペシアの副作用が起きる確率はどのぐらいなの?プロペシアの副作用が起きる確率はどのぐらいなの?プロペシアの副作用が起きる確率はどのぐらいなの?
 

【関連記事】

プロペシアの副作用について、Yahoo!ニュースで取り上げられていたんですね。読んでみるとちょっと恐ろしい…男性機能の低下については前から知っていました。性欲がなくなったり、勃起率が低くなったり…。でも知らなかったことが書かれています。精子の数の減少や精子のDNAにダメージを与え、無精子症のレベルま...

AGA(男性型脱毛症)の治療薬であるプロペシアに抑鬱状態やED(勃起障害)、精子減少などの副作用があることは広く知られていますし、プロペシアの注意書きにもそうした副作用のリスクについては明記されています。【出典元:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/000...

AGA(男性型脱毛症)の治療薬のひとつに、プロペシアがあります。主成分はフィナステリドで、AGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果があります。「プロペシア 通販」で検索をかけると実際に取り扱っているサイトや、購入の方法について説明しているサイトが多数...

AGA(男性型脱毛症)の治療薬であるプロペシアにED(勃起障害)や精子減少といった副作用があることは広く知られていますが、問題はそこだけではありません。プロペシアにはPFS(ポストフィナステリド症候群)という後遺症が起きてしまうケースがあるのです。PFSとはどのようなものなのか、どのような点が問題な...

処方された人のうち、AGA(男性型脱毛症)の症状が悪化した人が2%しかいないというプロペシアですが、ED(勃起障害)をはじめとする副作用があるのも確かです。副作用などによって服用を中止しなければならないケースもあるでしょうが、そのときにはAGAの症状はどうなってしまうのでしょうか。そもそもプロペシア...

プロペシアやフィンペシアで胸(おっぱい)が大きくなって、痛みが出てくる場合も!?そもそもどういうこと?どんな人が女性化しやすいのか?症状はどんなものか?プロペシアで胸が大きくなったという人の口コミを集めました。プロペシアの添付文書に記載ありまず「プロペシア おっぱい」で検索をかけてみます。女性化乳房...

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬としては優れた効果を持っていますが、さまざまな副作用があることも分かっています。そのうちのひとつに「性欲減退」があるのです。若ハゲの男性にとっては、AGAよりも深刻な悩みとなってしまいかねません。なぜそのようなことが起きるのかについて、簡単に説明していきまし...

医療機関でAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使用されているプロペシアにはいろいろな副作用がありますが、その中にED(勃起障害)があるのをご存知でしょうか。若年層の男性にとっては、AGAよりも深刻な悩みになってしまいかねません。なぜプロペシアによってEDが引き起こされるのでしょうか。また、副作用対策...

医療機関でAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使用されているプロペシアにはいろいろな副作用があることが分かっていますが、ガンになってしまうという情報もあるのです。事実だとすれば、あまりにもリスクが大きすぎるとしか言いようがありません。もしこの情報が正しいとなると、プロペシアの服用を中止したくなります...

プロペシアといえばAGA(男性型脱毛症)の治療では最優先で投与される薬剤で、AGAの進行を食い止める効果があります。しかし、ED(勃起障害)や精子減少などさまざまな副作用があることでも知られています。そのプロペシアに、鬱病を発症するリスクがあることはご存知でしょうか。なぜプロペシアによって鬱病を発症...