【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!

【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!

 

医薬品の発毛剤といえば、リアップです。医薬品の薄毛治療薬にはプロペシアなどもありますが、リアップはどちらかというと攻めの発毛剤。

 

プロペシアや、最近承認されたザガーロなどは守りの内服薬という感じでしょうか。

 

チャップアップやイクオスなどとは、また違った薬の発毛剤に「リアップ」の効果や副作用ついて書いていきたいと思います。

 

発毛剤リアップってロゲインと違うの?

発毛剤リアップに髪を生やす効果があるのは、有効成分ミノキシジルが配合されているから。

 

【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!

 

ミノキシジルは日本を含め世界中で効果が認められているスゴイ成分です!

 

ミノキシジルが配合されている発毛剤は、日本ではリアップしかありません。

 

リアップに似たミノキシジル発毛剤に「ロゲイン」があります。

 

 

「ロゲイン」は世界展開されている発毛剤なので、海外ではこちらの方が有名ですね。

 

リアップとロゲインは何が違うのか、具体的に見てみましょう。

 

リアップはロゲインを元にして作られた発毛剤

ロゲインは、米国のファルマシア・アップジョン社(現ファイザー社)が開発した、世界初の発毛剤。今でも売れているロングセラー商品です。

 

一方で、リアップは大正製薬が販売している発毛剤。

 

【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!

 

しかし、大正製薬が一から開発したものではなく、ファルマシア・アップジョン社が開発したものをライセンス契約して販売しています。
【参考元:大正製薬

 

リアップはロゲインを元にして作られた発毛剤なので、有効成分はまったく同じミノキシジル。その他の成分についても、ほぼ違いはありません。

 

あまり発毛効果とは関係ない成分に多少の違いはありますが、国内の流通やコストの関係、もしくは、日本人好みの使用感を求めた結果だと思われます。

 

つまり、発毛効果についてリアップとロゲインは同じ効き目ということです。

 

リアップのラインナップを紹介

リアップシリーズには、ミノキシジル濃度などが違ういくつか商品があります。

 

■ミノキシジル5%

  • リアップX5プラス

 

■ミノキシジル1%

  • リアップ
  • リアッププラス
  • リアップジェット
  • リアップジェンヌ

 

ミノキシジル濃度5%のものが「リアップX5プラス」。リアップシリーズの中ではミノキシジルが最高濃度で配合されています。

 

【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!

 

また、使用感を良くする成分も配合されているなど、リアップシリーズ一番人気の商品です。

 

ミノキシジル濃度1%のものは、「リアップ」「リアッププラス」「リアップジェット」「リアップジェンヌ」の4種類です。

 

「リアップ」はミノキシジルが1%配合されている、もっともスタンダードな商品。大正製薬が初めてミノキシジル発毛剤を販売したときの商品です。

 

「リアッププラス」は、リアップに使用感を良くする成分を追加した商品。そしてそれを、ジェットスプレータイプの容器に入れたものが「リアップジェット」です。

 

どちらも、リアップX5プラスとはミノキシジル濃度だけが違います。

 

「リアップジェンヌ」は女性用に開発された商品。ほとんどリアッププラスと同じ成分ですが、保湿成分としてカミツレ油の代わりにヒアルロン酸Naが配合されています。

 

リアップの効果をまとめてみた!

 

臨床試験の結果から見るリアップの効果

大正製薬はリアップの販売を開始する前に、国内臨床試験を行っています。その結果について、リアップ公式サイトで公開されているのでチェックしてみましょう!

 

約50人を対象にして行った臨床試験では、リアップX5を1年間使用した人の約98%に発毛効果が確認されています。

 

【出典元:大正製薬

 

使用開始1ヶ月後から少しずつ改善がみられるようになり、6ヶ月後には約90%の人に薄毛改善がみられました。

 

惜しくも100%ではありませんでしたが、1年間の使用で98%の人が薄毛改善できています。

 

そのなかでも、全体の約11%の人が著名改善(薄くなった領域がほぼ完全に被われている)できているところには注目ですね。

 

10人に1人以上はかなり髪が濃くなったようです。

 

薄毛改善の期待度はかなり高いですね!

 

具体的な髪の本数についてもデータがあるので確認してみましょう。

 

【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!【出典元:大正製薬

 

リアップX5を使用してから1ヶ月後には1.4本髪が増えています(1cm2あたり)。

 

1ヶ月で1.4本だと、あまり増えてない感じがしますが、ここから一気に本数が増加します!

 

2ヶ月後には19.0本、3ヶ月後には23.7本も増加!

 

1cm2という狭い範囲にこれだけ髪が増えれば、かなり満足感がありますね。1円玉の面積が約3.14cm2なので、1円玉の面積に74本以上も髪が生えたということになります。

 

けっこうフサフサですね!これは試してみる価値がありそうです!

 

口コミ・評判から見るリアップの効果

 

リアップの発毛効果については、臨床試験などを見る限りかなり期待できそうですね。

 

本当にリアップに発毛効果があるのか、実際に使用している人たちの口コミなどから、使用感や効果について探ってみました。

 

前線部分は、前回よりもやや復活したかなというレベルで、微増と言った状態です。

 

光の度合いにもよりますが、こうやって並べてみると、全体的にも持ち直しているのが分かります。

 

ただ、若干の好転ではしかなく、1ヶ月程度でふさふさにはならない事がわかります。
【出典元:https://camp-in-japan.com/post-23728/

 

リアップの臨床試験からも、効果が実感できるようになるには最低2ヶ月、できれば4ヶ月は継続して使用したほうが良いですね。

 

リアップを、6ヶ月程使用をしてみると、多少の産毛が生えてきたような感じがみられ、髪に少しボリュームを感じるようになってきましたが、妻は「前とほとんど変わりないよ」と言ってました。

 

1年間使用してみて、目だった発毛はみられませんでしたが、抜け毛が止まって、現状維持はしている状態でした。
【出典元:http://hage.biyonooni.com/hage02.html

 

1年間も使用すれば多少の効果は実感できると思いますが、なかにはそこまで実感できない人もいますね。ただ、現状維持には役立つことが多いと思います。

 

実際にリアップやめると、メチャクチャはやく薄毛が進行します。

 

ただこれは、今までリアップの効能でキープできていた髪が一気に抜けるだけのこと。

 

リアップの効能を得られていた方ほど、ハゲあがるスピードがはやくなる。
効能を得られていない方は、やめても全く関係ないです。

 

つまり、リアップをやめても変わらなければ、自分にリアップは効果がなかったということですね。
【出典元:https://fusafusaraifusutairu.blogspot.jp/2013/07/2.html

 

リアップの効果により発毛していた場合、リアップの使用を止めると逆に抜け毛が増えてしまいます。

 

これはリアップ使用による反動ではなく、元の状態に戻ってしまうからだと言われています。

 


 

リアップは生え際ではなく頭頂部の薄毛が特に効果的ですね。ハッキリと実感できるまで薄毛が改善することも十分にあります。

 


 

1ヶ月も使用すれば、発毛には至らずとも抜け毛の抑制は実感できたという人は多くいました。リアップに含まれるミノキシジルの効果があらわれたのだと思います。

 

■まとめ

  • リアップの効果を実感するには1ヶ月以上は必要。
  • 1年間続けて以前と変わらない状態を維持できた。
  • リアップの使用を止めると抜け毛が一気に増える。
  • 生え際よりも頭頂部の薄毛を改善するのに効果的。
  • 発毛は実感できなくても抜け毛抑制は実感できた。

 

リアップの副作用をまとめてみた!

 

臨床試験の結果から見るリアップの副作用

リアップに発毛効果があるというのは、口コミなどからも確からしいです。

 

ただし、リアップの使用は注意しなければいけません。なぜならリアップの有効成分ミノキシジルは医薬品成分。医薬品成分には副作用がつきものです。

 

リアップの取扱説明書にも、リアップの副作用などについて記述があります。

 

【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!

 

取扱説明書にはあまり詳しく書かれていません。

 

ここでは、医薬品医療機器総合機構が行った、「リアップX5」(ミノキシジル5%)の臨床試験データを元にして副作用を確認してみましょう。

 

この臨床試験はかなり大規模なもので、3072人を対象にして行われました。

 

その結果、リアップX5を使用して副作用が現れたのは全体の8.82%です。

 

約11人に1人の割合で副作用の症状が現れているようです。

 

 

リアップX5による主な副作用の症状は、塗布した部分のかゆみ、発疹、フケ症、皮膚炎となっています。また、重篤な副作用として心不全が1件あったようです。

 

その他にもリアップX5の添付文書には、頭痛、めまい、心拍数が速くなるなども副作用としてあげられています。

 

ちょっと怖いですね……。

 

ちなみに、ミノキシジル濃度が低い「リアップ」(ミノキシジル1%)の副作用発症率は2.14%となっています。

 

ミノキシジルの発毛効果は魅力的ですが、もし、副作用のリスクを低くしたいなら、ミノキシジル濃度が低いタイプを使用するのが良いですね。

 

口コミ・評判から見るリアップの副作用

 

リアップを使用中に副作用の症状が出てしまう人はいます。ここでは、実際の使用者の口コミから、どんな副作用が出たのか調べてみました。

 

私は薄毛ではありますが、頭皮にだけは自身があります。実は、炎症といったものが殆どできたことがないのです。頭皮ニキビもほとんど経験したことがありません。

 

しかし、ミノキシジルを使い始めてから1週間ほどで頭皮に炎症を発見、ちょうと塗布していた部分なのです。明らかにリアップのせいだと思うのですが、もう暫く使い続けることに・・・。
【出典元:http://www.fpkrr.org/

 

たった1週間使用しただけで、炎症があらわれてしまう人もいました。体質などによっては副作用の症状が出やすいことも考えられます。

 

ダントツで頭皮がデリケートなタイプやねん。だから、当たり前のようにミノキシジルの副作用出てきよったわ。症状的には頭めっちゃ痒なってん。リアップ使ってる人のなかには結構おるらしいけど。

 

それに、もう一つ・・・・頭痛がたまに起こるようになってん。初めはビビったで。あっ、やってもうたかも(脳内出血的な)?って心配したもん。でも、いろいろ調べたらこれもミノキシジルの副作用やったわ。
【出典元:http://www.medicinaintegrativa.net/entry5.html

 

かゆみと頭痛が併発する場合もあります。頭皮や肌が敏感な人は、使用するには特に注意が必要です。

 

これはミノキシジルの作用なので、他の育毛剤に切り替えたほうが良いでしょう。

 

長期間使用してみないと効果がでないと思い、さらに1年程使用しましたが、あまり効果がみられず、頭のかぶれがひどくなってしまい期待した効能が得られなかったので、使用をやめました。

 

頭のかぶれがなく、使用方法にものっているとおり1日2回きちんと使用していれば、もう少し効果があったのではと思われます。
【出典元:http://hage.biyonooni.com/hage02.html

 

かぶれなどの副作用がでなければ、発毛効果のある良い育毛剤なのです。しかし、やはりミノキシジルで副作用がでたという報告はあります。

 

リアップx5を実際に使ってみて感じた副作用は頭皮の痒みと立ちくらみです。

 

頭皮の痒みについては特に一番最初に使った時に強く感じました。ちょっと肌が乾燥して痒いなぁというレベルではなく、蚊に刺されて「かゆ!」って思うレベルです。

 

ですが、しばらくするとその痒みも治まっていきました。また使っていく内に痒みの強さも弱まってきて、気になるのは気になりますが最初ほど痒くはなくなりました。
【出典元:http://www.les-lucioles.net/?p=9

 

人によっては、強めのかゆみが出てしまうこともあります。

 

また、立ちくらみなど、時と場合によってはとても怖い症状がでることもあるので、使用するときは注意したいですね。

 


 

リアップの副作用とみられる症状で、重篤な状態となるとこもあります。報告数は少ないですが、ミノキシジルの使用にはリスクがあるということですね。

 


 

リアップやロゲインの有効成分ミノキシジルは、血管に作用するので、動悸などの副作用があらわれることもあります。

 

このような症状が出てしまった場合は、重症につながるかもしれないので、医師に相談するのが良いでしょう。

 


 

3日間の使用で手足のシビレがでてしまった人もいます。リアップの添付文書によると、手足のむくみがでる可能性もあるようなので、毎日の状態を確認しながら使用したいです。

 

■まとめ

  • ミノキシジルと副作用は切っても切れない関係にある。
  • 短い使用期間でも頭皮の炎症がでてしまうことがある。
  • かゆみと頭痛など複数の副作用が併発することもある。
  • 立ちくらみがでる場合もあるので注意して使用する。
  • 件数は少ないものの重篤な副作用がでることもある。
  • 血管拡張作用によって動悸などがでる可能性がある。
  • 添付文書に書かれている症状以外もでることがある。

 

リアップの代わりになる育毛成分がある?

リアップは確かにスゴイ発毛剤なのは間違いない。

 

でも、やっぱり副作用が怖い……

 

リアップの有効成分ミノキシジルは、医薬品成分なので副作用のリスクがあります。気軽に使用するというわけにはいきません。

 

ミノキシジルみたいな成分でリスクを抑えたものがあったらうれしいですよね。

 

そんな都合の良い成分あるわけない思われがちですが、あるんです。

 

副作用リスクを抑えて、かつ、同等以上の実験結果が出た成分はあります!

 

アルガス-2(M-034)

 

育毛成分として今まさに注目されているのが「アルガス-2」。

 

アルガス-2は、M-034にペルベチアカナリクラタをブレンドして、育毛効果をパワーアップさせたイクオスのオリジナルの成分。

 

M-034は育毛剤によく配合されている実績ある成分です。ミノキシジルと同等の育毛パワーがあるとして、チャップアップやブブカに配合されています。

 

アルガス-2はM-034の上を行く成分。M-034とペルベチアカナリクラタの相乗効果により、M-034単独よりも高い育毛効果が期待できます。

 

ピディオキシジル

ミノキシジルを改良してできた成分「ピディオキシジル」も、ミノキシジルに代えて使用してみたい成分です。

 

ピディオキシジルはミノキシジル誘導体とも言われる成分で、ミノキシジルの化学構造の一部を変えることで生み出されました。

 

 

ミノキシジルが持つ化学的性質はそのままに、扱いやすいよう改良することに成功しています。ミノキシジルの弱点は、副作用のリスクと浸透力の低さ。

 

ピディオキシジルは、この2つの弱点を克服した成分として、フィンジアボストンスカルプエッセンスなどの育毛剤に配合されています。

 

キャピキシル

キャピキシルミノキシジルの3倍の育毛パワーがあるとして有名な成分です。

 

3倍の育毛パワーということについて簡単に説明すると、ヒトから採取した毛包細胞にピディオキシジルとミノキシジルを添加した結果、ピディオキシジルの方が3倍長く成長したということです。

 

【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!

 

これはキャピキシルの開発メーカーの実験により確認されています。

 

キャピキシルが配合されている育毛剤はいくつかありますが、どれもやや高級な育毛剤という印象ですね。Deeper3D、フィンジア、ボストンスカルプエッセンスなどが有名どころでしょうか。

 

キャピキシルとピディオキシジルが高濃度で配合されており、価格も安いのはフィンジアです。

 

生え際にリアップがあまり効かないという噂はホント?

 

ミノキシジルによって発毛効果が現れるのは、血管拡張作用が関係していると考えられています。

 

血管拡張作用により髪に栄養素を供給することで、毛母細胞の活性が高まり、髪が太くなるということです。

 

しかし、生え際はミノキシジルの作用が効果的には働かないかもしれません。

 

もともと生え際は血管が少なく、髪に栄養が届きにくい部位です。ミノキシジルといえども、血管が少なければ対抗しにくいということですね。

 

生え際に対抗するためには、髪を抜けにくくすることが大切です。

 

生え際の髪が抜けてしまうのは、5αリダクターゼによってDHT(テストステロン)が生成されてしまうから。

 

生え際の抜け毛を防ぐには、5αリダクターゼに対抗しなくてはいけません。ミノキシジルだけでは、5αリダクターゼによるDHTの生成を防ぎきれません。

 

生え際(M字含む)にはDHTを抑制しないとダメ

DHTが毛乳頭細胞に作用することで脱毛信号が出されます。そのまま放置していると、髪の成長が止まり、どんどん薄毛が進行してしまうことに……。

 

生え際の抜け毛に対抗するには、5αリダクターゼによって生成されるDHTを抑制しなければなりません。

 

DHTさえ抑制することができれば、髪が太く長く成長することができます。

 

 

ミノキシジルは髪を発毛させる成分なので、生え際の抜け毛を防ぐには力不足。

 

DHTの生成を抑制するには、医薬品成分であるプロペシア(フィナステリド)が最強です!

 

プロペシアは5αリダクターゼの働きを抑えて、DHTの生成を強力にブロックしてくれます。

 

しかし、プロペシアは医薬品成分。こちらも副作用のリスクがあります。副作用が心配な人にとっては、気軽には服用しづらい成分です。

 

そこで、プロペシアに代わる他の成分でDHTを抑制しましょう!

 

オウゴンエキス

オウゴンエキスは植物から抽出された育毛成分。フラボノイドを含み、5αリダクターゼの働きを抑えて、DHTの生成を抑制する効果があるとされています。

 

ブブカ公式サイトによると、オウゴンエキスは5αリダクターゼの働きを77%もブロックできます!

 

ヒオウギエキス

ヒオウギエキスも植物から抽出された育毛成分。イソフラボン(フラボン配糖体)が主成分です。

 

イソフラボンには、5αリダクターゼの働きを抑える作用があるため、DHTの生成を減らして抜け毛を防ぐ効果が期待できます。

 

ノコギリヤシ

ノコギリヤシも5αリダクターゼの働きを阻害する効果が期待できる成分。プロペシアとの比較実験でも、かなり良い結果がでています。

 

ノコギリヤシを2年間使用した人の38%で発毛/育毛が見られました。

 

プロペシアの68%には及びませんが大健闘しています!
【参考元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23298508

 

まとめ(リアップよりおすすめしたい育毛剤は?)

リアップの発毛効果は魅力的ですが、副作用のリスクも考えるとハイリスクハイリターンですね。

 

副作用が怖いなら、ミノキシジルの代わりとなる成分を使用した方が良いかもしれません。

 

キャピキシル、ピディオキシジル、M-034などは、ミノキシジルよりも安心して使用できると思います。

 

また、生え際などの抜け毛を予防したいなら、DHTの抑制をしなければなりません。この場合、リアップに配合のミノキシジルよりも、オウゴンエキスやヒオウギエキスなどのDHT抑制成分が効果的だと思います。

 

私が愛用中のイクオスには、育毛成分としてアルガス-2(M-034)が配合されており、DHT抑制成分(オウゴンエキス、ヒオウギエキス)もバッチリ配合!

 

 

さらに、イクオスサプリEXにはノコギリヤシ300mgが含まれており、サプリ業界トップレベルの配合量です。

 

リアップやプロペシアの副作用が怖いなら、まずは安心して使用できる育毛剤からはじめてみましょう!

 

イクオスに興味のある人は、下記ボタンからイクオスの解説&レビューを読んでください!

 

いま一番のオススメです!

 

イクオスの解説&レビュー記事へ



■【使用中】管理人おすすめ育毛アイテム
数ある育毛剤でどれがベストなのか、ざっくり知りたい人は下記のランキングをご覧ください。2017年最新版です!
【2017年最新版】絶対に損しないおすすめ育毛剤ランキングBEST3!チェック!

次に、私が現在メインで使用している育毛剤を紹介します。発毛促進はフィンジアで集中させ、脱毛予防はイクオス、身体の内側からはイクオスサプリEXという布陣。この最強コンビで薄毛ガンガン回復中( ゚∀゚ )

過去にはチャップアップとボストンを使用していましたが、2016年9月にリニューアルしたイクオス&イクオスサプリEXが成分&価格ともに最強となりました。

新イクオスの超ハイスペックな内容を知っとかないと損ですよ( ゚∀゚ )チェック!


フィンジアのキャピ&ピディ、イクオスのアルガス-2は最新の育毛成分!イクオスサプリEXは配合量が明記されているので、騙しナシのガチおすすめです!

とにかく、イクオスの抜け毛を予防する成分がスゴいよね!DHT抑制だけじゃなく、DHTができちゃってからの対策も万全!超イイ( ゚д゚) 初めはイクオス&サプリがオススメ!


 
2016年9月にリニューアルしたイクオスがスゴいから買ったよ【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!
 
育毛剤イクオスがもし満足いかなかったらフィンジアで決め。【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!【効くの?】リアップの効果と副作用を臨床試験と口コミから解説!