育毛サプリ「gungun(ぐんぐん)」に効果はあるのか?副作用の実態は?

育毛サプリ「gungun(ぐんぐん)」に効果はあるのか?副作用の実態は?

 

育毛サプリメントは、いくつか種類がありますが、その中でも本当に効果が期待できるものはなかなかありません。「結局は薬じゃないし、サプリメントなんて大して期待できないでしょ」なんて声が聞かれてきます。

 

しかし、成分を見ると医学的に根拠があると認められたものを配合した育毛サプリメントも存在します。体の中から育毛ケアを行うのに人気があるGUNGUNについて詳しく調べていきましょう。

 

リピート率87.6%の体験談を読む ⇒

 

GUNGUNって、どんなサプリメント?

育毛サプリ「gungun(ぐんぐん)」に効果はあるのか?副作用の実態は?

 

GUNGUNは主成分にノコギリヤシを配合した育毛サプリメントです。でもノコギリヤシを配合しているサプリメントなんてGUNGUNだけに限ったことじゃありません。ボストンサプリメントにも入っているし、チャップアップサプリメントにも入っています。

 

ノコギリヤシにも抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンと5aリラクターゼの結合を防ぐ効果があるのですが、それだけでは抜け毛を抑制するのは不十分といわざる得ません。

 

ノコギリヤシだけでは抜け毛が治ったところで残念ながら「ハゲはハゲ」という悲しい現実が・・・。そこから改善させるには、やはり育毛や発毛を促していく作用がないと意味がないんです!

 

GUNGUNにはノコギリヤシにプラスしてカプサイシンとイソフラボンが配合されています。カプサイシンというのは唐辛子などの辛味食材に含まれている成分の一種です。そしてイソフラボンは大豆などに含まれている成分です。

 

どちらも一回ぐらいは聞いたことがあるかもしれませんね。この2つの成分がどのような作用を与えてくれるのでしょうか。

 

カプサイシンとイソフラボンの相乗効果とは?

ちょっと専門的な話になりますが、この2つを併用して使用することでアミノ酸の結合体(IGF-I )を頭皮だけでなく、体全体に増やす作用が期待できるんです。

 

アミノ酸をたくさん増やしたいのなら、「アミノ酸が入った食べ物やサプリメントでもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、IGF-Iを増やしたいのなら知覚神経を刺激する必要があります。これはアミノ酸を単純に摂取しただけでは実現しません。

 

そこで効果を発揮してくれるのがカプサイシンなんです。唐辛子などを食べると辛いという神経が働き、脳が刺激されて血流が良くなったり体温が上昇するような感覚になったことがあると思います。

 

そういった神経が働くとカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)という物質が放たれます。この物質が放たれるとIGF-Iを活性化させて、量を増やすという作用が期待できるわけです。

 

そこにイソフラボンを加えることでカルシトニン遺伝子関連ペプチドの増量の手助けをしてくれる役割が期待できます。もともとは女性ホルモンがこのカルシトニン遺伝子関連ペプチドを増やしてくれるのですが、男性の場合はその役割が期待できないので、代わりに女性ホルモンに似た作用のあるイソフラボンを摂ることでその役割を担ってもらうというわけです。

 

ちょっと専門用語が多く飛び出して分かりにくい部分もありますが、簡素化してまとめるとカプサイシンとイソフラボンが知覚神経を刺激して、髪の毛を増やすのに必要なアミノ酸の結合体であるIGF-Iを増やす働きがあるということです。

 

実際に大学の研究グループが実験し、発毛効果を確認!

 

イソフラボンとカプサイシンの発毛効果があるかどうかを、実際に大学の研究グループが実験をしています。実験人数は22人と少ないながらも20人で薄毛部分に発毛が見られたのはスゴイ!

 

このことからもカプサイシンとイソフラボンの成分が、毛が生えるメカニズムを生み出すということが確固たるものとして明らかになりました。カプサイシンとイソフラボンを併用することでIGF-Iが増加する効果があると分かり、現在では実際に薄毛や脱毛症の人もこの併用を行っている方が増えています。

 

さらに効果が期待できる成分としてL-アルギニンを配合!

ノコギリヤシとイソフラボンとカプサイシンが配合されていることがわかり、もうこれ以上有効なものは必要ないんじゃないかという気もしますが、上記ご紹介したようにアミノ酸の結合体を作り出す効果があると伝えましたが、「肝心のアミノ酸が大して入っていないんじゃないのか?」と思うかもしれませんね。

 

そこで効果が期待できるL-アルギニンも配合しています。L-アルギニンはアミノ酸の種類のうちの一つです。食事でも肉や大豆、牛乳類にも含まれているので取れなくはないのですが、どうしても日本人の食生活は偏りがちなのでアルギニンの摂取量が不足がちになることがよくあります。

 

そういった意味ではサプリメントにアミノ酸も配合してくれているのは、嬉しいですね。アミノ酸は血や骨になるだけでなく、血流を良くしたり、美肌効果や老化予防など、ありとあらゆる生活習慣病や病気対策として効果が期待できる成分です。

 

しかもGUNGUNに含まれているアルギニンは、そのまま配合されているわけではなく中和された成分なので安全面も非常に高いです。アルギニンはそのまま摂ってしまうとアルカリ度が強くて胃痛や腫瘍などができてしまう恐れがあります。GUNGUNはそういったリスクも事前に回避しているのが嬉しいですね。

 

まとめ

育毛サプリ「gungun(ぐんぐん)」に効果はあるのか?副作用の実態は?

 

育毛サプリメントでありがちなものとして、必要な栄養素を過剰に取り組み、「これだけ飲んでいれば十分に必要なエネルギーを満たせる!」ということをアピールしているものがありますが、実際は食事との兼ね合いでビタミンを多く取りすぎてしまったり、イソフラボンを多く取りすぎてしまうなどのリスクも可能性としては考えておかなければいけません。

 

このGUNGUNは、過剰にイソフラボンやカプサイシンが配合されているものではありません。他の栄養素との兼ね合いで食事を取った時にも成分が過剰摂取にならないような量を意識して作られています。

 

脱毛症改善のみならず、健康面でも体調を損ねるようなリスクはないように配慮しているところが魅力の一つでもあります。抜け毛抑制効果と健康を両方同じくらい大事に考えているのは大事な要素ですね。

 

抜け毛や薄毛抑制を考えている方はもちろんのこと、健康面を意識して副作用のリスクがないサプリを考えている方にも人気がある育毛サプリメントです。

 

育毛サプリメントを考えている方は、内服薬に不安があるという方が多いです。実際に育毛効果があるとされる内服薬のプロペシアの場合は、副作用の報告が数多く寄せられていて、使うのに不安があるという方も多いかもしれません。

 

GUNGUNはこれまで服用したことで体に副作用が出たという報告や体調を崩してしまったという意見は聞かれません。医学的にも実際に効果があるとされる成分が配合されているGUNGUNを使用した方が育毛効果が感じられる可能性が高いと言えます。

 

ちょっとした抜け毛の方だけでなく、円形脱毛症など比較的重度の方でも、顕著な発毛効果が現れたという実績があるのでカプサイシンとイソフラボンを利用して抜け毛対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

この2つの成分を被験者へ投与した実験結果では、64.5%の人が「5ヶ月後に変化が見られた」という意見がありますので、試してみる価値は十分あるといえるでしょう。

 

公式サイトで今すぐ購入する →



■【使用中】管理人おすすめ育毛アイテム
数ある育毛剤でどれがベストなのか、ざっくり知りたい人は下記のランキングをご覧ください。2017年最新版です!
【2017年最新版】絶対に損しないおすすめ育毛剤ランキングBEST3!チェック!

次に、私が現在メインで使用している育毛剤を紹介します。発毛促進はフィンジアで集中させ、脱毛予防はイクオス、身体の内側からはイクオスサプリEXという布陣。この最強コンビで薄毛ガンガン回復中( ゚∀゚ )

過去にはチャップアップとボストンを使用していましたが、2016年9月にリニューアルしたイクオス&イクオスサプリEXが成分&価格ともに最強となりました。

新イクオスの超ハイスペックな内容を知っとかないと損ですよ( ゚∀゚ )チェック!


フィンジアのキャピ&ピディ、イクオスのアルガス-2は最新の育毛成分!イクオスサプリEXは配合量が明記されているので、騙しナシのガチおすすめです!

とにかく、イクオスの抜け毛を予防する成分がスゴいよね!DHT抑制だけじゃなく、DHTができちゃってからの対策も万全!超イイ( ゚д゚) 初めはイクオス&サプリがオススメ!


 
2016年9月にリニューアルしたイクオスがスゴいから買ったよ育毛サプリ「gungun(ぐんぐん)」に効果はあるのか?副作用の実態は?育毛サプリ「gungun(ぐんぐん)」に効果はあるのか?副作用の実態は?育毛サプリ「gungun(ぐんぐん)」に効果はあるのか?副作用の実態は?
 
育毛剤イクオスがもし満足いかなかったらフィンジアで決め。育毛サプリ「gungun(ぐんぐん)」に効果はあるのか?副作用の実態は?育毛サプリ「gungun(ぐんぐん)」に効果はあるのか?副作用の実態は?育毛サプリ「gungun(ぐんぐん)」に効果はあるのか?副作用の実態は?