育毛にいい食べ物があるから紹介する!でも育毛サプリで一発解消!

育毛にいい食べ物があるから紹介する!でも育毛サプリで一発解消!

育毛にいい食べ物はいろいろありすぎて、何を選べば良いのか迷っちゃいますよね。

 

だから今回は、これだけは押さえておくべき!な、育毛にいい食べ物をご紹介したいと思います。

 

料理はおろか、買い物に行く時間すらないよってあなたには、必要な栄養素をすべて詰め込んだおすすめ育毛サプリも教えちゃいます。(私も愛用しているやつ)

 

まずは育毛にいい食べ物から見ていきましょう!

 

育毛にいい食べ物(栄養)3選!

 

育毛を第一に考えるなら絶対にこれだけは外せない、基本中の基本って食べ物。

 

それは、ミネラル、タンパク質、ビタミン類!

 

ミネラルの中でも亜鉛はとりわけ重要な栄養素で、これがないと育毛が始まらないといっても過言ではありません。

 

今から詳しく解説していきますね。

 

ミネラル(亜鉛)

 

育毛にいい食べ物、1つめはミネラルです。いちばん最初にくることからも、どれだけ重視するべき栄養素なのかが分かるでしょう。

 

とくに亜鉛は育毛のためには欠かせない栄養素。

 

亜鉛にはホルモンの分泌を助けたり、血糖値を下げたり、骨を維持したりする働きがありますが、もうひとつ、タンパク質の合成という大切な働きがあります。

 

口から摂取したタンパク質は、体の中でアミノ酸に分解されてから、もう一度タンパク質として再構成される性質があります。分解されたアミノ酸をタンパク質に変換する作業を手伝ってくれるのが、亜鉛の役割です。

 

髪の毛はタンパク質で出来ているため、体の中に十分な量の亜鉛がなければ、髪の毛を作ることができないわけですね。

 

ちなみに亜鉛には、抜け毛の原因となる5αリダクターゼを阻害する作用もあります。

 

亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣を代表とする魚介類全般。肉類なら牛肉やレバーに多く含まれています。

 

育毛にいいその他のミネラル

育毛にいい食べ物は亜鉛だけでなく、ヨウ素や鉄も大切です。

 

ヨウ素には甲状腺の機能を正常に保ち、新陳代謝を高める働きがあります。

 

甲状腺の働きが衰えることで代謝も落ちてしまい、抜け毛が増える原因となるのです。ヨウ素は、魚介類や海藻類を食べれば補うことができますよ。

 

また、鉄分は赤血球の色素であるヘモグロビンを生成します。赤血球には酸素を細胞まで届ける役割があるため、ヘモグロビンがなければ酸素不足によって髪の毛が作られにくくなってしまうのです。

 

鉄分は、レバーや赤みの肉、魚介類、大豆やほうれん草に多く含まれています。亜鉛を多く含む食べ物と似ていますね。

 

ちなみに亜鉛と鉄は、お互いに栄養の吸収を阻害しあうため、バランスよく摂らないといけません。

 

タンパク質

 

育毛にいい食べ物、2つめはタンパク質です。先ほど、亜鉛の項目で髪の毛はタンパク質で出来ていると説明しました。

 

つまり、髪の毛そのものを作るためには、亜鉛とともに十分なタンパク質を摂取することが大切なのです。

 

タンパク質は20種類のアミノ酸のつながりによって形を変え、必要とされる体の場所で使われます。

 

髪の毛は99%がケラチンというタンパク質でできていますが、ケラチンは18種類のアミノ酸から構成されています。

 

ケラチンを構成するアミノ酸の中でも、18%を占めているのがシスチンです。そのため、シスチンを多く含む食べ物は育毛にも良いと言えるでしょう。

 

シスチンは、穀類や豆類などに多く含まれています。

 

髪の毛はメチオニンからも作れる

シスチンは必須アミノ酸のメチオニンからも合成できます。

 

しかし必須アミノ酸はバランスよく摂取することで吸収率が上がる性質をもっているため、9つすべての必須アミノ酸を一緒に食べることが重要です。

 

必須アミノ酸をバランスよく含む食べ物は肉類です。しかし、肉類を食べ過ぎると脂肪分も多く摂りすぎてしまうリスクがあります。

 

そのため、肉類を食べるなら脂肪分の少ない鶏肉をおススメします。部位はささみがベストでしょう。

 

ちなみに畑の肉と呼ばれる大豆にもアミノ酸が豊富に含まれています。大豆は白米と一緒に食べることで欠けた栄養を補い合うことができます。

 

よりヘルシーにアミノ酸を摂りたいなら大豆食品も組み合わせてみましょう。

 

ビタミン類

育毛にいい食べ物があるから紹介する!でも育毛サプリで一発解消!

 

育毛にいい食べ物、3つめはビタミン類です。

 

ビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの2種類があります。水溶性ビタミンは水に溶けやすく、体の中に貯めておけません。

 

逆に脂溶性ビタミンは油に溶けやすく体の中に蓄えられるため、摂りすぎると過剰摂取になることもあります。

 

それぞれの特長を把握し、バランスよく摂取しましょう!

 

育毛にいい水溶性ビタミン

育毛にいい水溶性ビタミンは、ビタミンCやビタミンB1、B2、B6、B12などのビタミンB群です。

 

ビタミンCには、コラーゲンの生成をサポートしたり、鉄分の吸収を助けたりする作用があります。頭皮の弾力を保ち、エネルギーとなる酸素を各細胞へと伝えることで、髪の毛の成長を助けます。

 

ビタミンB1やB2はエネルギー代謝に関わる作用があります。細胞が元気になることで、髪の毛にも良い影響があるでしょう。

 

また、ビタミンB2には皮膚や粘膜を健康に保つ役割もあるため、頭皮環境を良好な状態にする効果も期待できます。

 

ビタミンB6は髪の毛の主成分であるケラチン生成のサポートをする働きがあります。育毛にいい食べ物の中ではとりわけ重要な栄養素です。

 

また、ビタミンB12は核酸に作用し、細胞分裂を促す働きがあります。髪の毛は毛母細胞が分裂して成長するため、成長スピードを早める効果が期待できます。

 

ビタミンの種類

期待できる育毛効果

ビタミンC

コラーゲンを生成し抜けにくい髪の毛を作る
鉄分の吸収を高め細胞に酸素を届ける

ビタミンB1

エネルギーを代謝し細胞を健康に保つ

ビタミンB2

皮膚を健康に保ち頭皮環境を整える

ビタミンB6

ケラチンの生成をサポートする

ビタミンB12

髪の毛の細胞分裂を促す

 

育毛にいい脂溶性ビタミン

育毛にいい脂溶性ビタミンは、ビタミンAやビタミンEです。

 

ビタミンAには保湿作用があります。乾燥して硬くなった頭皮では、強い髪の毛は育ちません。柔らかくうるおいのある頭皮へと導いてくれます。

 

ビタミンEには血行促進作用や血管を健康に保つ作用があります。

 

髪の毛の栄養は血管によって届けられるため、ビタミンEは栄養の通り道を整えてくれる成分だといえるでしょう。

 

とくに頭皮は頭のてっぺんにあるため、血流が滞りやすい場所です。ビタミンEは毛細血管を広げてくれるので、毛根の隅々まで栄養が届けられます。

 

脂溶性ビタミン

期待できる育毛効果

ビタミンA

頭皮を保湿し柔軟に保つ

ビタミンE

血管の健康を保ち、栄養の通り道を整える
毛細血管の血流を促進し、髪の毛に栄養を届ける

 

育毛にいい食べ物を表にしてまとめた!

育毛にいい食べ物は分かったけど、たくさんありすぎて頭が混乱してきた。そんな人のために、パッと見て把握できるよう、育毛にいい食べ物を一覧表にまとめました。

 

こちらを参考にしながら、日々の献立に役立ててください!

 

育毛成分

補う食べ物

タンパク質

大豆、豆腐、枝豆、鶏肉、卵、ミルク、チーズなど

ビタミンA

レバー、人参、緑黄色野菜、卵、乳製品など

ビタミンB1

玄米、小麦全粒粉、ピーナツ、豚肉、ミルクなど

ビタミンB2

ミルク、レバー、チーズ、緑色野菜、魚、卵など

ビタミンB6

小麦胚芽、レバー、大豆、キャベツ、卵、くるみなど

ビタミンB12

レバー、牛肉、豚肉、ミルク、チーズなど

ビタミンC

みかん、いちご、トマトなど

ビタミンE

アーモンド、ごま、大豆、植物油、ナッツ類、卵など

亜鉛

牡蠣、牛肉、レバー、魚介類など

 

合わせて摂りたい、育毛にいい食べ物(成分)

ここまで、育毛にいい基本的な栄養素と食べ物を紹介してきましたが、じつは他にもまだまだあるんです。

 

中には科学的な研究結果をもとに育毛効果が証明されている食べ物もありますよ。プラスアルファで合わせて摂りたい、育毛にいい食べ物をさっそく見ていきましょう!

 

コラーゲン

育毛にいい食べ物があるから紹介する!でも育毛サプリで一発解消!

 

美肌効果があるイメージのコラーゲンは、じつは育毛にいい食べ物です。

 

年齢を重ねて起こる薄毛は、毛包内にある17型コラーゲンの減少が原因であることが、東京医科歯科大学の研究によって明らかになっています。

 

17型コラーゲンが少なくなることで、発毛に関わる毛包幹細胞の働きが維持できなくなり、最終的には毛穴ごと消滅してしまうのです。

 

だからといって、17型コラーゲンを直接補うことはできません。コラーゲンは自分の体の中で作り出す必要があります。

 

そもそもコラーゲンはタンパク質の一種です。そのため、コラーゲンを増やすためにはタンパク質の摂取が欠かせません。

 

食べ物からコラーゲンを摂るには

ここで重要なポイントがひとつあります。それは、タンパク質はアミノ酸に分解されてしまうということです。

 

つまり普通にタンパク質を摂っただけでは、コラーゲンにはならないのです。ではどうすれば良いのか。

 

コラーゲンを構成するアミノ酸の中にはヒドロキシプロリンという物質が必ず含まれています。それはコラーゲンでしか補えません。

 

ということは、タンパク質の中でもコラーゲンを多く含む食品を食べれば良いわけです。

 

コラーゲンは、鳥の皮、豚足、軟骨、牛スジなどに多く含まれています。豚骨ラーメンのスープにもたくさん溶け込んでいますよ。

 

イソフラボン&カプサイシン

イソフラボンやカプサイシンも育毛にいい食べ物の組み合わせです。でも、どうして特定の食べ物を食べるだけで育毛効果を得られるのでしょうか。

 

イソフラボンとカプサイシンを合わせて食べる育毛方法は、IGF-1育毛理論によって証明されています。

 

IGF-1育毛理論をかんたんに説明すると、知覚神経を刺激すればIGF-1が増えることを証明した理論です。

 

IGF-1って何?


出典元:http://kclinic.co.jp

 

IGF-1はインスリン様成長因子とも呼ばれる物質で、体が成長するためには欠かせません。もちろん体の一部である髪の毛にも影響します。では、どんな風に育毛に作用するのか。

 

まず、刺激された知覚神経はCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)を放出し、全身へと伝えられます。

 

そして広がったCGRPの一部は頭皮に伝わり、毛乳頭に作用して毛根のIGF-1を増やします。

 

毛根にあるIGF-1が増えれば、ヘアサイクルが改善されたり、太くてコシのある髪の毛が作れたりするわけです。

 

知覚神経を食べ物で刺激する

知覚神経を刺激する方法は、青色の光を浴びたり、気圧を高めたりといくつかありますが、食べ物でも刺激することができます。

 

例えば、ここではIGF-1の生成にイソフラボンとカプサイシンの組み合わせをあげています。

 

役割としては、カプサイシンが知覚神経を刺激し、イソフラボンがCGRPの放出を助けます。つまり組み合わせて食べることで相乗効果が生まれるわけです。

 

イソフラボンは大豆や豆腐、納豆などに、カプサイシンは唐辛子やキムチ、豆板醤などに多く含まれています。

 

フコダイン

 

フコイダンも育毛にいい食べ物です。フコイダンとは、海藻類に含まれるヌメヌメした粘り成分です。

 

最近ではガンを消し去る抗腫瘍作用が話題となり、免疫力を上げる作用も期待できることから、サプリとして健康維持にも利用されています。

 

しかしフコイダンの作用はそれだけではありません。じつはフコイダンには、FGF-7の産生を促す作用もあるのです。

 

FGF-7とは?

FGF-7とは細胞の分裂に関わる成長因子で、皮膚の表面近くに作用することから、角質細胞増殖因子やケラチノサイト増殖因子とも呼ばれています。

 

もちろん髪の毛が生えている毛穴にも作用するため、FGF-7を増やすことで発毛を促進できるわけです。

 

フコイダンが含まれる食べ物

フコイダンは、昆布、めかぶ、もずく、わかめなどに多く含まれています。

 

ちなみにフコイダンは育毛にいいだけではなく、食物繊維の働きによって腸内環境を健康に保つ効果も期待できます。

 

育毛にいい食べ物をしっかり消化し、吸収する力を高めるのも大事なことですよ。

 

葉酸

育毛にいい食べ物には葉酸も外せません。葉酸とは水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB9とも呼ばれています。

 

葉酸には核酸の生成をサポートする役割があります。核酸とは細胞内の核に存在し、細胞の分裂に関わっている物質です。

 

核酸は細胞を作るために必要

核酸の中にはDNAとRNAが存在しています。DNAの役割は細胞の情報を保存し、RNAに伝えること。そして情報を受け取ったRNAは、新しい細胞を作り始めます。

 

つまり新しく細胞が生まれ変わるためには核酸が欠かせないわけですが、体の中で葉酸が足りなくなると、この働きもストップしてしまいます。

 

髪の毛も毛母細胞が分裂することで成長するため、十分な葉酸を食べることは育毛にもいいわけです。

 

また、葉酸は鉄やビタミンB12と一緒に赤血球を形成します。赤血球には細胞に酸素を運ぶ役割があるため、葉酸が不足すると酸素不足にも陥ります。

 

葉酸は育毛以前に不足しがちな栄養素なので、意識して食べないといけません。葉酸は濃い緑色野菜や人参、かぼちゃ、豆腐などに多く含まれています。

 

絶対に外せない!抜け毛を防ぐノコギリヤシ

 

ノコギリヤシは北米に自生しているヤシ科の植物です。自然由来ながら、育毛にいい効果が期待できる成分なので、絶対に外せません。

 

どんな効果があるのか詳しく解説していきます。

 

ノコギリヤシの効果と育毛にいい理由

ノコギリヤシには5αリダクターゼを阻害する作用があります。5αリダクターゼは、男性ホルモンの一種であるテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変える働きをもつ酵素です。

 

DHTに変化した男性ホルモンは、毛乳頭内にある受容体と結びつき、脱毛因子を産生。脱毛指令をだして抜け毛を引き起こします。

 

これがいわゆるAGA(男性型脱毛症)です。

 

つまり、抜け毛を防ぐためにはDHTが増えるのを抑えないといけません。それには5αリダクターゼを阻害すると良いわけです。

 

ノコギリヤシとフィナステリド

 

クリニックでは、AGAにおける抜け毛の予防としてフィナステリドという薬をもちいた治療法が推奨されています。

 

フィナステリドも5αリダクターゼを阻害することでDHTの発生を防ぎます。ノコギリヤシと同じような作用があるわけですね。でも、フィナステリドとノコギリヤシを比べたとき、効果の違いはどれくらいあるのでしょうか。

 

海外ではこんな実験がされています。

 

AGA患者を2つのグループに分け、フィナステリド1mgとノコギリヤシ320mgをそれぞれ2年間にわたって毎日食べ続けてもらったそうです。

 

すると、フィナステリドのグループで68%、ノコギリヤシのグループで38%の薄毛改善効果がみられたとのこと。

 

医薬品であるフィナステリドの効果が高いのは分かりますが、自然の植物であるノコギリヤシでこれだけ効果があるとは驚きです。

 

ノコギリヤシは食べ物ではありません

抜け毛の予防に効果が期待できるノコギリヤシですが、日本ではあまりなじみがない植物ですし、そもそも食べ物ではありません。

 

ノコギリヤシを食べるには、育毛サプリで補う方法が一般的です。それに、今まで紹介してきた育毛にいい食べ物を1日ですべて食べるのは大変でしょう。

 

栄養は互いに補いあって作用するため、何かひとつが欠けただけでも、体の中で利用できなくなることがあります。

 

ノコギリヤシを含む育毛サプリなら、抜け毛を防ぐだけではなく、1日分の栄養もかんたんに補えますよ。

 

食べるのが大変なら、育毛サプリで一発解決

 

育毛にいい食べ物は、材料を集めるのにも一苦労。そこでおススメしたいのが育毛サプリです。しかし育毛サプリといっても、今はいろんなメーカーからさまざまな商品が販売されていますよね。

 

育毛サプリの中でもとくに有名なのが、ボストンやチャップアップサプリ、ぐんぐん、フェルサ、イクオスサプリEXなど。

 

でも、これらの育毛サプリはどれも一緒というわけではありません。配合成分や配合量も大きく違うのです。

 

成分

イクオスサプリEX

ボストン

チャップアップサプリ

gungun

フェルサ

タンパク質

ビタミンA

ビタミンB1

ビタミンB2

ビタミンB6

ビタミンB12

ビタミンC

ビタミンE

亜鉛


12mg


4mg


3mg

大豆抽出物


100mg


20mg

カプサイシン

ラーゲン

100mg

100mg

フコダイン

葉酸

ノコギリヤシ

300mg

300mg

100mg

1日容量

1050mg
350mg×3

870mg
290mg×3

1200mg
300mg×4

900mg
300mg×3

502mg
251mg×2

基本情報

全成分数

46種類

27種類

23種類

25種類

23種類

最安コース

1本定期

3本定期

1本定期

1本定期

2本定期

最安価格
1本単価

4,730円

5,212円

4,980円

3,980円

5,691円

解約条件

初回OK

3回配送後

初回OK

3回配送後

初回OK

全額返金

なし

なし

なし

なし

30日間

※チャップアップサプリとgungunは配合量非公開
※チャップアップサプリは送料630円プラス

 

どうせ食べるなら育毛にいい食べ物の栄養素をすべて含んだ育毛サプリが良いですよね。それはやはりイクオスサプリEXでしょう。

 

今や育毛サプリの配合成分を書くのは当たり前ですが、配合成分量までは公開していないメーカーも存在します。

 

イクオスはボストンやフェルサ同様、主要成分量をすべて公開していて、その中でもダントツで配合成分量が多いんです。

 

成分数と価格で比較してみると、いかにイクオスサプリEXのコスパが良いのか分かるでしょう。それに解約縛りがないのも自由でうれしいですね!

 

まだ育毛サプリを購入したことがない人は、ぜひイクオスを試してみて下さい!

 

まとめ(育毛サプリはイクオスサプリで十分!)

 

食べ物を変えるだけで、育毛にいい効果がみえてくるはず。でも毎日の食生活を維持するとなれば、かなり大変ですよね。

 

イクオスサプリEXなら、亜鉛などのミネラル、タンパク質、ビタミン類以外にも、フィーバーフューやミレットエキス、ヒハツエキス、メチオニンなど育毛にいい成分をたくさん配合しています。

 

もちろん、育毛サプリの価格だけでみると最安値はgungunですが、配合量が分からず、もしかしたら少ない可能性もあります。

 

それなら成分数や配合量がもっとも多く、コスパにすぐれたイクオスを選ぶのが賢い選択だと思いませんか?だから私は、断然イクオスサプリEXをおススメします!

 

※現在の私は、育毛剤とセットで定期購入中(^^)/

 

イクオスを今すぐ購入する



■【使用中】管理人おすすめ育毛アイテム
数ある育毛剤でどれがベストなのか、ざっくり知りたい人は下記のランキングをご覧ください。2017年最新版です!
【2017年最新版】絶対に損しないおすすめ育毛剤ランキングBEST3!チェック!

次に、私が現在メインで使用している育毛剤を紹介します。発毛促進はフィンジアで集中させ、脱毛予防はイクオス、身体の内側からはイクオスサプリEXという布陣。この最強コンビで薄毛ガンガン回復中( ゚∀゚ )

過去にはチャップアップとボストンを使用していましたが、2016年9月にリニューアルしたイクオス&イクオスサプリEXが成分&価格ともに最強となりました。

新イクオスの超ハイスペックな内容を知っとかないと損ですよ( ゚∀゚ )チェック!


フィンジアのキャピ&ピディ、イクオスのアルガス-2は最新の育毛成分!イクオスサプリEXは配合量が明記されているので、騙しナシのガチおすすめです!

とにかく、イクオスの抜け毛を予防する成分がスゴいよね!DHT抑制だけじゃなく、DHTができちゃってからの対策も万全!超イイ( ゚д゚) 初めはイクオス&サプリがオススメ!


 
2016年9月にリニューアルしたイクオスがスゴいから買ったよ育毛にいい食べ物があるから紹介する!でも育毛サプリで一発解消!育毛にいい食べ物があるから紹介する!でも育毛サプリで一発解消!育毛にいい食べ物があるから紹介する!でも育毛サプリで一発解消!
 
育毛剤イクオスがもし満足いかなかったらフィンジアで決め。育毛にいい食べ物があるから紹介する!でも育毛サプリで一発解消!育毛にいい食べ物があるから紹介する!でも育毛サプリで一発解消!育毛にいい食べ物があるから紹介する!でも育毛サプリで一発解消!