【薄毛治療】プロペシアが効かない人の対策まとめ!

【薄毛治療】プロペシアが効かない人の対策まとめ!

【薄毛治療】プロペシアが効かない人の対策まとめ!

 

プロペシアはフィナステリドが配合された医学的にも評価が高い成分ですが、意外と「使って効果がなかった」という意見も聞かれますね。

 

男性型脱毛症の調査を行っている日本皮膚科学会の評価でもA評価を受けているので、フィナステリド配合のプロペシアは効果が出ているのかなと思いきや、1年間使って効果を感じている人はわずか58%。

 

  1年服用 2年服用 3年服用
薄毛になった 2% 2% 2%
現状維持 40% 30% 20%
髪が増えた! 58% 68% 78%

 

思ったよりも低い数字ですね。プロペシアを服用して1年近く経っても効果が出ない人は新たな対策を講じる必要がありそうです。

 

それでも現状維持と合わせると98%ですから、薄毛の進行を食い止めるにはもってこいのお薬なのは確かですが。

 

プロペシアが効かないのは何故?

そもそも何故、プロペシアが効かないのか理由を理解していないと、また他の内服薬や育毛剤を使っても同じ結果になりかねません。その原因を探るには、プロペシアに配合されているフィナステリドが鍵を握っていそうです。

 

「フィナステリドさえ内服しとけば治るんじゃないの?」と思いがちですが、実は、薄毛の原因は頭部の場所によって対応すべき成分が違うんです!

 

フィナステリドは確かに薄毛に効果がありますが、効果を発揮してくれるのは頭頂部だけ。前髪部分などの生え際は、また違う成分を取り入れる必要があると言われています。

 

 

フィナステリドは2型の5aリダクターゼにのみ有効です。2型の5aリダクターゼが蔓延してるのは頭頂部。一方、前髪や生え際部分に蔓延しているのは1型の5aリダクターゼ。

 

プロペシアが効かないという人は1型の5aリダクターゼの割合が人より多い人です。

 

つまり、いくらフィナステリドを服用しても、前頭部の薄毛はなかなか治りにくいということ。フィナステリドを服用してもなかなか薄毛が改善されないと言っている人の頭の様子を見ると、頭頂部よりも前頭部の薄毛に悩んでいる方が圧倒的に多いはずです。

 

前頭部に効く成分はあるの?

フィナステリドで前頭部に効果がないとすれば、違う方法を模索するしかありません。そこで注目したいのが、1型と2型の両方の5aリダクターゼに有効な作用を発揮してくれるデュタステリドです。

 

 

フィナステリドと名前が似ていますね。ちなみに、「デュタステリドって聞いたことないな」と言う人もいるかもしれません。それもそのはず、日本の病院ではデュタステリドをいっさい取り扱っていないんです。(一部独自のルートで入手しているという可能性はなくはありませんが。)

 

日本で厚生労働省から認められている薄毛治療に有効な成分はフィナステリドとミノキシジルのみです。つまり日本では、デュタステリドを手に入れる機会はありません。

 

デュタステリドを入手するなら個人輸入?

通りで知名度がないわけですね…。そんなデュタステリドですが、入手するとしたら海外から輸入品として取り入れる方法が一般的です。個人輸入代行会社などの薬を取り扱ってるサイトなら入手することができます。

 

通販サイトによって多少値段は異なりますが、一箱300錠入りで15,000円弱程度となっています。

 

AGAクリニックでのプロペシア平均価格が1ヶ月分で8,000円程度ですから、デュタステリドは特に高いというわけではありません。むしろちょっと安いと感じるかも。

 

無論、プロペシアを個人輸入代行サイトで入手すれば1ヶ月分5,000~6,000円で入手できるので、デュタステリドの方が効果アップの分、ちょっと高めですね。

 

【追記】
ザガーロが日本でも処方されるようになりました。ザガーロの主成分はデュタステリドです。ヘアメディカルなどで処方してもらえます。詳しくは無料カウンセリングで聞いてみましょう!

 

薄毛解消はデュタステリドで決まり?

前髪の薄毛の原因が分かり、値段もプロペシアとさほど変わらないということがわかれば、購入してみたくなりますね。でもちょっと待ってください!「そもそも、何で日本で販売されていないのか」をもう少し考えた方が良いでしょう。

 

日本は厳正な審査を厚生労働省が行い、薬の販売にゴーサインが出ます。他の国と比べるとかなり厳しい審査です。

 

プロペシアはゴーサインが出ていますが、デュタステリドを配合したデュタスにはまだゴーサインが出ていません。(育毛剤としては、自由の国アメリカでも承認されていません。身近な韓国では承認されているという状況)

 

 

つまり、デュタステリドの成分が本当に安全なのかどうか、というところがまだ懐疑的な要素が残っているというわけです。もう少し詳しくみてみると、デュタステリドには副作用の存在が挙げられます。

 

副作用の起こる内容はプロペシアとほとんど同じです。性欲の減退、勃起不全、精子の減少、乳房肥大などが挙げられます。プロペシアと同様にちょっと気になる要素ですね。

 

そしてデュタステリドで副作用が起こる確率は5%未満と言われていて、一見少ない印象もありますが、薬で言うところの5%というのはかなり高い気もします。

 

「100人飲んで5人も副作用が出る」と考えると、ちょっと怖いですね…宝くじよりも何百倍も起こってしまう可能性があるわけですから。そういった意味では、リスクがあるということも頭に入れておいたほうがよさそうです。

 

デュタステリド以外に有効なものとは?

「プロペシアもダメ、デュタステリドもダメとなると、もう薄毛に効く育毛剤なんてないんじゃないの?」と思われそうですね。そんな方にはミノキシジルを提案します。

 

「日本で唯一発毛効果が認められている」というフレーズで有名なリアップに含まれる成分です。

 

でも、私のオススメはリアップではありません。

 

リアップも前頭部には効果が薄いと言われています。ミノキシジルで一番効果が期待できるのは飲むタイプのミノキシジルタブレットですが、副作用が強いということでこちらもオススメできません。

 

私のオススメはアメリカのポラリスリサーチ社から販売されているポラリスです。

 

ミノキシジルの濃度が選べて、なおかつリアップより安い。また、単に「ミノキシジルが入ってますよ」ではなく、前頭部に効果が期待できる他の成分が含まれています。たとえば、りんごポリフェノール

 

りんごポリフェノールは美白などで有名ですが、最近の研究で育毛にも効果があることが判明しています。(参考「りんごポリフェノールについてもっと知る」)

 

私も過去に利用していましたが、臭いと色が気になって現在は使用していません。

 

副作用を気にしたくない人は?

これまで紹介した「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル」はお薬です。つまり、全てに副作用のリスクがあります。

 

私は超低価格のフィナステリド(フィンペシア)を利用していますが、服用頻度は下げています。では、何で服用頻度を下げているか?

 

抜け毛の進行を抑えるのはノコギリヤシで十分!

ノコギリヤシはフィナステリドと同じ作用をします。つまり、発毛はそれほど期待できませんが、抜け毛予防には抜群なんです。抜け毛の原因である「5aリダクターゼ」を阻害してくれます。

 

今は亜鉛やイソフラボン、L-アルギニンなど、育毛に必要な成分が一番バランスよく配合されている「Growth Project.BOSTON(ボストン)→関連記事」を併用しています。

 

 

これをフィンペシアと交互に服用して、副作用リスクを下げています。

 

ミノキシジルの代わりはフィンジア!

また、発毛の役割としてミノキシジルではなく、キャピキシル配合の育毛剤を使用しています。キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛パワーがあると海外の臨床試験で結果が出ている成分です。

 

キャピキシル配合の育毛剤として今までDeeper3Dを使用してきました。でも、2015年08月にDeeper3Dを超えそうな育毛剤が発売され、そっちに乗り換えています。

 

それが「フィンジア」です。

⇒ 当サイトのフィンジア関連記事を読む(クリック)

 

Deeper3Dと同じ5%のキャピキシルが配合されていますが、フィンジアにはピディオキシジルも配合されています。「キャピキシル+ピディオキシジル」の育毛剤は国内では最強レベル!

 

最後になりますが、ここで「そもそも論」を書いて、当記事を終えたいと思います(^^)

 

ちょっと待って!そもそもAGA(男性型脱毛症)なの?

ここで一旦、下記のグラフをご覧ください。

 

 

たったの6%!?

 

そうです!20代のAGA(男性型脱毛症)になる確率は6%だけです。

 

プロペシアはAGAのお薬です。AGAでもないのに、プロペシアを飲んでも効くわけがありません。あなたの年齢は?もし、20代30代前半であれば、まず頭皮環境を良好にするのが先決!(10代ならなおさら)

 

薄毛の原因は、「血行不良?」「栄養不足?」「皮脂の過剰分泌?」「頭皮がカチカチ?」、いったいどれでしょう?

 

これらの薄毛原因すべてに対応したのが、発売以来人気爆発中の「チャップアップ」です。対応表をどうぞ!

 

 

というわけで、チャップアップ&ボストンサプリで抜け毛を防ぎ、フィンジアでしっかり育毛させているのが、今の私の安心かつ効果も期待できる育毛法です。(また変わるかもしれないですけど)

 

20代の若者で、プロペシアによる副作用(精子異常、精子減少など)を起こしたら、将来子どもを作るときに大変です。まずは、安心安全な育毛法で様子をみるのが順番かなと思います。

 


⇒ 当サイトのチャップアップ関連記事を読む(クリック)

 

 

【追記】
ボストンやチャップアップをオススメしていたわけですが、コロッと変わりました(^^;

 

いまオススメしたい育毛剤&育毛サプリは、イクオス&イクオスサプリEXです!

 


※2016年9月にイクオスはリニューアルしたのです!

 

簡単に、イクオスとチャップアップ、イクオスサプリEXとボストン、チャップアップサプリを比較すると、

 

 

イクオス

チャップアップ

成分数

70種類

81種類

主要成分

アルガス-2

M-034

返金保証

45日間

30日間

最安コース

6,458円

6,000円

サプリ付き

7,538円

9,090円

 

 

イクオスサプリEX

ボストン

チャップアップサプリ

成分数

46種類

27種類

23種類

ノコギリヤシ

300mg

300mg

非公開

亜鉛

12mg

4mg

非公開

大豆抽出物
(イソフラボン含有)

100mg

20mg

なし

ミレットエキス

150mg

5mg

なし

単品価格

7,538円

7,970円

5,960円

3本セット

17,800円

17,280円

1本定期

4,730円

6,998円

4,980円

最安コース

4,730円
※1本定期

5,212円
※3本定期

4,980円
※1本定期

 

育毛剤本体だけなら、チャップアップの方が得ですが、主要成分のアドバンテージがイクオスにはあります。(アルガス-2はM-034を進化させたもの)

 

サプリに関しては、イクオスサプリEXの圧倒的勝利ですね。

 

サプリ付きがめちゃくちゃお得!

 

くわしい解説は、「【レビュー付き】育毛剤イクオス(IQOS)の効果を調べたらガチTOP!チェック!」で書いているので、是非ご覧ください。

 

イクオスの公式販売サイトはこちら ⇒



■【使用中】管理人おすすめ育毛アイテム
数ある育毛剤でどれがベストなのか、ざっくり知りたい人は下記のランキングをご覧ください。2017年最新版です!
【2017年最新版】絶対に損しないおすすめ育毛剤ランキングBEST3!チェック!

次に、私が現在メインで使用している育毛剤を紹介します。発毛促進はフィンジアで集中させ、脱毛予防はイクオス、身体の内側からはイクオスサプリEXという布陣。この最強コンビで薄毛ガンガン回復中( ゚∀゚ )

過去にはチャップアップとボストンを使用していましたが、2016年9月にリニューアルしたイクオス&イクオスサプリEXが成分&価格ともに最強となりました。

新イクオスの超ハイスペックな内容を知っとかないと損ですよ( ゚∀゚ )チェック!


フィンジアのキャピ&ピディ、イクオスのアルガス-2は最新の育毛成分!イクオスサプリEXは配合量が明記されているので、騙しナシのガチおすすめです!

とにかく、イクオスの抜け毛を予防する成分がスゴいよね!DHT抑制だけじゃなく、DHTができちゃってからの対策も万全!超イイ( ゚д゚) 初めはイクオス&サプリがオススメ!


 
2016年9月にリニューアルしたイクオスがスゴいから買ったよ【薄毛治療】プロペシアが効かない人の対策まとめ!【薄毛治療】プロペシアが効かない人の対策まとめ!【薄毛治療】プロペシアが効かない人の対策まとめ!
 
育毛剤イクオスがもし満足いかなかったらフィンジアで決め。【薄毛治療】プロペシアが効かない人の対策まとめ!【薄毛治療】プロペシアが効かない人の対策まとめ!【薄毛治療】プロペシアが効かない人の対策まとめ!