M字ハゲが進行してきたときの効くと言われた育毛剤まとめ

M字ハゲが進行してきたときには効果高めの育毛剤を!

 

M字ハゲ対策育毛剤

今回は、私がM字ハゲの進行を食い止めるため、調査した「M字ハゲに効くと言われてる育毛剤」について書いていきたいと思います。

 

普通の育毛剤では治りにくいのがM字ハゲ。リアップやロゲインをM字部分に使用しても、なかなか薄毛改善効果が見られないといわれます。

 

M字部分は頭頂部などに比べて、もともと毛髪の量が少ない部位でもあります。M字部分が薄毛になってくると、かなり厄介・・・治りにくいんですよね。

 

なかなか発毛しないので、いくら育毛剤を使用してもなかなか効果が出ないという意見が聞かれます。そこでM字部分の専用育毛剤を中心にご紹介していきましょう。これでダメなら諦めるくらいの強い覚悟でぜひ試してみてください。

 

プロペシア

内服薬の中で最も薄毛治療に効果があるとされるものです。日本ではドラッグストアやネットショッピングで購入することはできません。すべて医師の診断のもと処方してもらう必要があります。ただ唯一、海外の薬を取り扱っている個人輸入代行サイトであれば入手することもできちゃいます!自分自信が使用する分なら海外の医薬品を個人輸入するのは合法です。人に売ったら違法!人に譲っても違法!気をつけてくださいね。

 

プロペシアはその効果が高い評価を得て、ジェネリック医薬品も多数販売されています。有名なところでは、フィンペシアやフィナロなどが存在します。効果はジェネリック医薬品も含めて全て同じで、成分にはフィナステリドが配合されています。

 

フィナステリドというのは薄毛の進行を防ぐものなので、服用してもすぐに毛が生えてくるというものではありません。それでも結果的に抜け毛の量が減るので、相対的に見ると髪の量が増えたような状況になるので、薄毛対策には欠かせませんね。

 

M字ハゲの人はプロペシアを服用している人が非常に多いです。それと同時に、ミノキシジルも併用している人は多いです。ミノキシジルが攻撃的な発毛を促す選手なら、プロペシアは相手の攻撃(抜け毛)を抑えるディフェンダー的な存在ですかね。

 

やはり攻撃一辺倒では、結局相手に得点を決められて負けて(ハゲて)しまいますからね・・・攻守にバランスの取れた薄毛改善治療をしていく必要があるでしょう。

 

フィナステリドは服用年数が増えれば増えるほど薄毛改善率も上がっていき、1年の服用では6割程度の改善率が、3年の服用では8割程度まで増えます。薄毛改善効果を狙って、毎日の服用を取り入れたいところですね。

 

ポラリス

ポラリスとは、ミノキシジルが入った育毛剤のことです。ポラリスはいくつかのシリーズが販売されていて、ポラリスnr-07やポラリスnr-08などバリエーション豊かに販売されています。 ミノキシジルの濃度は5%から16%までラインナップ。

 

いきなりミノキシジル16%は作用が強すぎますので控えた方が良いですが、なかなか発毛効果を感じられないという方は16%も考慮しても良いかもしれませんね。最後の砦。

 

このポラリスは日本で販売されているリアップなどとは違い、りんごポリフェノールも含まれています。りんごポリフェノールは頭皮に潤いを与えて毛乳頭を刺激してくれるといわれています。また、頭皮に浸透しやすいように開発されていて、さすが育毛先進国アメリカといった感じ。

 

ちなみに、このポラリスシリーズも日本で販売されていません。海外の育毛剤となるので入手するには、実際に現地で購入するか、あるいは輸入代行業者を利用するしかありません。このポラリスシリーズは日本で発売されているリアップよりも、浸透率がよく、頭皮状況によってミノキシジルの濃度が選べるので、より効果を感じられると評判の良い育毛剤です。

 

ミノキシジルタブレット

ご存知、医学的に評価の高いミノキシジルをタブレット型にした内服薬です。塗布するタイプはリアップなどで有名ですが、内服タイプはなかなか出回っていないので、実際に試したことがないという方も多いかもしれませんね。

 

一部のAGA治療病院で扱っていますが、まだそれほど全国的に使用頻度が高いという内服薬ではありません。ちょっと副作用の危険性が指摘されていて、まだ日本では厚生労働省から使用許可が得られていない内服薬でもあります。

 

しかし海外ではすでに何年も流通してるので取り立てて、警戒する必要もないのですが、日本の審査基準はかなり高いので、なかなか承認の認可が下りないといった状況ですね。内服薬タイプなので、塗布するタイプよりさらに効果が高いといわれています。

 

ただし、肝臓で成分が分解されますので、肝機能障害など患っている方は服用は控えた方が良いでしょう。また、ミノキシジルは血管拡張作用があるので、不整脈の方などが服用すると心臓がドクドクするような感覚に苛まれるケースもあるので注意が必要!

 

日本の病院でも未認可でありながらも、いくつか取り扱っているところもあります。ちなみに扱っていても、決して違法ではないです。ただ、問題があった場合に、病院の責任問題になるので使用していないところが多いようです。

 

効果が高いと言われる分、副作用のリスクは高い育毛剤となります。私は使用をはじめから躊躇しましたね。飲み薬ってやっぱり体全身に作用しそうで、このミノタブは体毛が濃くなる、動悸がする等の口コミが多いです。ちょっと危険が部類。飲む育毛剤ではプロペシアが日本でも処方されているので、幾分かは安心です。

 

経験者は10mgをピルカッターでカットして服用している方が多いです。そっちの方が5mgを購入するより経済的ですからね。

 

お得なセット販売

ミノキシジルとフィナステリドとの組み合わせは現在、薄毛の治療方法として最高の組み合わせといわれています。抜け毛抑制効果のあるフィナステリド、発毛効果が期待できるミノキシジルの組み合わせで長期的な対応をしていけば、実際に髪の毛が生えて、抜け毛が減ったという人の割合もかなり多いですね。

 

また、ミノキシジルとフィナステリドが配合された育毛剤や内服薬ということに焦点を当てて考えると、「プロペシアとポラリス」、「プロペシアとミノキシジルタブレット」という組み合わせはM字ハゲに十分効果的と言えるでしょう。

 

どちらのパターンも副作用のリスクもないので、効果的にすぐ治療できることも魅力的ですね。どちらの購入も個人輸入代行サイトのオオサカ堂でお得な割引セットが販売されています。

 

一般の病院で購入することは難しいですし、仮に取り扱っている病院があって購入できたとしても、かなり高額な料金となってしまうでしょう。

 

オオサカ堂やアイドラッグストアだと金銭的リスクもかなり低いので、長期的に使用することを考えればオススメと言えます。

 

ただ、海外の輸入品ということで不安に思う方もいるかもしれませんが、どちらの輸入会社も成分チェックを行って、しっかりとした鑑定も行っているので、服用に際して不安材料がないのが嬉しいですね。価格が安く、効果が期待できる組み合わせを継続的に行えば、薄毛改善の期間も短くなるでしょう。

 

今回書いた「プロペシア」と「ポラリス」は実際に使用して、M字ハゲを食い止めることができました。今は国内の育毛剤をメインに使用していますが、実感したことは「医薬品スゲー!」ということでした。

 

副作用のリスクはありますが、切羽詰まった状況なら検討してみる価値は十分にありますよ。

 

※薬機法(旧薬事法)の規制により、オオサカ堂の広告は控えさせて頂きます。



■【使用中】管理人おすすめ育毛アイテム
数ある育毛剤でどれがベストなのか、ざっくり知りたい人は下記のランキングをご覧ください。2017年最新版です!
【2017年最新版】絶対に損しないおすすめ育毛剤ランキングBEST3!チェック!

次に、私が現在メインで使用している育毛剤を紹介します。発毛促進はフィンジアで集中させ、脱毛予防はイクオス、身体の内側からはイクオスサプリEXという布陣。この最強コンビで薄毛ガンガン回復中( ゚∀゚ )

過去にはチャップアップとボストンを使用していましたが、2016年9月にリニューアルしたイクオス&イクオスサプリEXが成分&価格ともに最強となりました。

新イクオスの超ハイスペックな内容を知っとかないと損ですよ( ゚∀゚ )チェック!


フィンジアのキャピ&ピディ、イクオスのアルガス-2は最新の育毛成分!イクオスサプリEXは配合量が明記されているので、騙しナシのガチおすすめです!

とにかく、イクオスの抜け毛を予防する成分がスゴいよね!DHT抑制だけじゃなく、DHTができちゃってからの対策も万全!超イイ( ゚д゚) 初めはイクオス&サプリがオススメ!


 
2016年9月にリニューアルしたイクオスがスゴいから買ったよM字ハゲが進行してきたときの効くと言われた育毛剤まとめM字ハゲが進行してきたときの効くと言われた育毛剤まとめM字ハゲが進行してきたときの効くと言われた育毛剤まとめ
 
育毛剤イクオスがもし満足いかなかったらフィンジアで決め。M字ハゲが進行してきたときの効くと言われた育毛剤まとめM字ハゲが進行してきたときの効くと言われた育毛剤まとめM字ハゲが進行してきたときの効くと言われた育毛剤まとめ