薄毛食堂 | ボストン(BOSTON)+αで発毛実感中!

20代前半で抜け毛が増えた@たった1つのベストな育毛剤は?

20代前半なのにハゲてきた@ベストな薄毛対策は?

 

薄毛に悩む人が低年齢化している?

最近、鏡をのぞいては「なんか、オデコが前より広くなったよな…」と不安を感じる若い男性が増えているようです。20代前半の方々です。これには、現代が厳しいストレス社会であるということが強く影響しています。

 

考えてみますと、小中学生の頃から、塾通いに受験、就活や成果主義、果てに婚活だのローン地獄だのと、多忙を強いられプレッシャーにまみれて、ため息だらけの人生です。若い男性の生え際が後退するのも仕方のないこと。それは、悪しき社会の象徴なのかもしれません。

 

20代前半でハゲてきた人の多くは、生え際から気になってきます。20代前半のころは、鏡をみる回数も多いので、生え際の後退には敏感ですよね。

 

今のうちにハゲの進行を食い止めたい!

さて、だんだん面積が広まっていく頭部の地肌を、見ていないフリはできません。今のうちに、何か対策を講じないと。なぜ、そのような忌々しき状態になっていくのか、少し分析してみましょう。

 

人間の体には、すみずみまで血管が通っています。それは必要な栄養を血液にのせて運ぶためです。血液は、動脈、静脈、毛細血管と常に体内をめぐっているわけです。

 

生え際にめぐらされた血管は細く、血量は少ないため栄養も行き届かないのですね。血液は、その人の体内で最も必要とされる部分へ優先的に送り込まれますから、毛細血管の先端などは希薄なのです。

 

 

それと、男性ホルモンが還元酵素と結びついて悪玉化してしまい、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪性物質になります。結果、抜け毛や男性型脱毛症を誘発してしまうのです。

 

また、生え際あたりの環境を悪くする要因として「脂性」ということがあります。本来、おでこや鼻筋は「Tゾーン」といって脂が分泌しやすい箇所なのです。きちんとお手入れをしないと脂は酸化し、毛穴をつまらせたりして不衛生な状態になりがちです。

 

男性ホルモンの好ましくない働きと、「血行不良」や「不衛生」という条件がそろい、発毛状況が次第に悪化していく、という負のからくりが見えてきましたね。

 

効く薬はあるけれど…

ではDHTに効く薬ないのか! ということですが、あるにはあります。

 

プロペシアという成分は、まさにDHTを抑える役割を果たします。クリニックなどでのAGA(男性型脱毛症)治療では、有効に活用されています。

 

わたしは過去に、プロペシアのジェネリックとされるフィンペシアを利用していました。

 

また、ミノキシジルという成分は、血行不良を解決してくれる優れた性質をもっています。ただし、効く薬にはそれなりのリスクがあります。副作用があるのです。

 

プロペシアは、直接的に男性ホルモンへ働きかけますので、性欲の減退や勃起不全といった若い男性にとってはダメージの大きすぎる症状が出てしまいます。ミノキシジルは、肌に炎症を起こすという、こちらも好ましくない副産物がつきものなのです。

 

副作用のない商品でアプローチを試みる

育毛剤も種類がいろいろとあります。副作用にとらわれない薬の枠外にある商品で、何か良いものはないのでしょうか。

 

そこでチャップアップです。

 

この商品には、先に説明しましたプロペシアやミノキシジルと類似した作用のある成分を配合しています。М-034やオウゴンエキスといった成分がそれですが、天然由来のものなのです。

 

副作用の危険性に悩まされることはありません。チャップアップは、男性だけでなく、女性やティーンエイジャーに向けても、効果を謳っているのです。加えて、他の商品に比べると価格がお手頃ということも、売れているポイントのひとつです。

 

いまでは、育毛剤を代表するくらい売れに売れていますから、ご存知かもしれませんね。

 

チャップアップ徹底解説チェック!

 

薄毛対策をトータルで考えてみよう!

薬の副作用を心配しながら、薄毛対策をするのは得策ではありません。未来のある若い世代ならなおさらのこと。もっと予防的にできることがあるはずです。血行不良に対しては、マッサージを施すのも有効です。

 

それから、血のめぐりを良くするために、適度な運動をする、栄養を十分に摂取する。また、ストレスをため込まない、あるいはストレスと上手に付き合う方法を学ぶ、など。

 

20代前半なのにハゲてきた@ベストな薄毛対策は?

 

日常生活で気を付けることは、まだあります。頭皮を清潔に保つために、日々のシャンプーは重要です。毎日使うシャンプーですから、頭皮や髪を傷めない、質の良いものを選びましょう。

 

それから、男性が意外と考慮しないのが紫外線の影響です。髪も頭皮も、実は日焼けをしています。直射日光に当たる場合は、帽子をかぶる、最近出回っている男性用の日傘をさすなど、対策をしましょう。

 

生活の習慣を見直したうえで、育毛剤と天然素材の育毛サプリを併用すれば、さらなる効果が得られるのではないでしょうか。ぜひ、お試しあれ!

 

チャップアップを今すぐ買っちゃう ⇒

 



■【使用中】管理人おすすめ育毛アイテム
数ある育毛剤でどれがベストなのか、ざっくり知りたい人は下記のランキングをご覧ください。2017年最新版です!
【2017年最新版】絶対に損しないおすすめ育毛剤ランキングBEST3!チェック!

次に、私が現在メインで使用している育毛剤を紹介します。発毛促進はフィンジアで集中させ、脱毛予防はイクオス、身体の内側からはイクオスサプリEXという布陣。この最強コンビで薄毛ガンガン回復中( ゚∀゚ )

過去にはチャップアップとボストンを使用していましたが、2016年9月にリニューアルしたイクオス&イクオスサプリEXが成分&価格ともに最強となりました。

新イクオスの超ハイスペックな内容を知っとかないと損ですよ( ゚∀゚ )チェック!


フィンジアのキャピ&ピディ、イクオスのアルガス-2は最新の育毛成分!イクオスサプリEXは配合量が明記されているので、騙しナシのガチおすすめです!

とにかく、イクオスの抜け毛を予防する成分がスゴいよね!DHT抑制だけじゃなく、DHTができちゃってからの対策も万全!超イイ( ゚д゚) 初めはイクオス&サプリがオススメ!


 
2016年9月にリニューアルしたイクオスがスゴいから買ったよ20代前半なのにハゲてきた@ベストな薄毛対策は?20代前半なのにハゲてきた@ベストな薄毛対策は?20代前半なのにハゲてきた@ベストな薄毛対策は?
 
育毛剤イクオスがもし満足いかなかったらフィンジアで決め。20代前半なのにハゲてきた@ベストな薄毛対策は?20代前半なのにハゲてきた@ベストな薄毛対策は?20代前半なのにハゲてきた@ベストな薄毛対策は?